【ブログ】祝!PV数5000突破!サイト運営開始2ヶ月でアクセスを集める方法

PV数5000突破!ブログ式サイトをはじめて2ヶ月 初心者 アクセスを集めるために

どうも、Mao Nishi です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

当サイト【Mao-24!com】は、最初の記事を公開しはじめてから、早くも2ヶ月を経過しました。

コンテンツの量・ページ数はまだ33ページと少ないものの、一ヶ月のPV数(Page View数、ページビュー数)=5000を達成することができました。

今回は、サイト運営初心者の私が、ブログサイトを始めてから2ヶ月でPV数5000を集めるために意識したことをまとめてみたいと思います。

はじめてブログを書く方、サイトを運営しはじめる方の参考になれば幸いです。

サクッと読むための見出し

ブログのPV数について

PV数5000突破!ブログサイトをはじめて2ヶ月 初心者 アクセスを集めるために

ブログのPV数って、そもそもなに?

PV数とは、〈サイトやブログのページが一ヶ月当たりに何ページ読まれたかを表す指標〉です。PV数が多いサイトほど影響力が大きいといわれ、プロブロガー(ブログで飯を食う・生活することができる人)は月数十万〜数百万単位のPV数を獲得しています。

PV数でわかるブロガー番付|あなたのブログはどのレベル? | ニュース | ブログ部
個人的な目標は、2016年内に月10万PVを達成することですが、文才の未熟さゆえにどうなることやら。。。(笑)

一方、ユーザー数とは、〈読んでくれている人の数〉を表すものです。ユーザー数が多いほど、多くの人が読んでくれていることを表します。

このサイトは現在1200人/月と、ユーザー数が少ないため、ブログを読んでくれる人の数を増やすこと・サイトに人を集めることが今後の課題です。しかし、現在サイトを訪れてくれる方は平均して1回あたり3.39ページも読んでくれている(「ページ/セッション」の数値です)ので、ユーザーが少ないながらもPV数は5000を集めることができたようです。

文を書くという慣れない作業でしたが、日に日にあがっていくPV数を励みに書き続けることができています。お読みくださり、本当にありがとうございます。

ブログサイトの月5000PVってどれくらい?

5000PVがどれくらいなのか?こちらのサイトでは、アンケート結果を集計してくれています。

ブログの世界的な平均アクセス数をグラフ化してみる – ガベージニュース
5000ページビュー/月以下のブログが全体の63%を占めている。約2/3のブログがこの領域に位置するわけ …

世間一般的には「ページビュー数」の方がブログのアクセス記録としては提示されやすいのでそちらを見ると、5000ページビュー/月以下のブログが全体の63%を占めている。約2/3のブログがこの領域に位置するわけだ。

つまり当サイトMao-24!comは、PV数において、晴れてブログ界隈の上位3分の1になることができたということです。もっとこの嬉しさをうまく書き表せられればいいのですが、多く読まれていることはとにかく嬉しいものですね。(笑)

はじめて2ヶ月でここまでアクセスが伸びるとは思っていなかったので、驚いています。

しかし、アクセスを集めるために何も意識していなかったかというわけでもなく、少なからず取り組んでいたこと、意識していたことがありました。

以下では、サイト運営者やブロガーの励み・モチベーションになるPV数について、サイト運営初心者の私が、ブログサイトを始めてから2ヶ月でPV数5000を集めるために意識したことをまとめてみたいと思います。

まずはサイトのテーマ・ミッションを見つけよう

PV数5000突破!ブログサイトをはじめて2ヶ月 初心者 アクセスを集めるために
まずは、サイトやブログの【テーマ】・【ミッション】を見つけましょう。

テーマとミッションとは?

【テーマ】とは、サイトの方向性やジャンルで、「こういったモノを伝えたい」というものです。

Mao-24!comでは、「学び・刺激・ひらめき」がテーマに当たります。

【ミッション】とは、サイトの存在理由、言い換えれば、「なぜあなたはサイトを運営するのか?」です。

Mao-24!comでは、「学び・刺激・ひらめき=『!』あふれる24時間を過ごし、人生をより充実したものにしていくこと、そして、それを伝えていくことで、同じように毎日を過ごす人々を増やしていくこと」がミッションに当たります。

なぜ、テーマとミッションが最初に必要なのか?

私は、東大の休学制度「FLY Program」を終え、その体験から得た学びや気付きを自分の中で整理をするときに、サイトを運営しようと思いました。しかし、ミッションが思いつかず、2つほどブログを立ち上げ(バックパッカーに関するもの、受験に関するものです。)、自然消滅してしまいました。

しかし、テーマやミッションを見つけた今、10年以上にわたってこのブログで発信していくモチベーションが生まれています。

テーマがなければ、「書きたい!」という気持ちが溢れていても、いざ「何を書こう?」と思ったときに、迷ってしまうこともあります。選択肢が膨大にありすぎて、どこから手をつけていいんだか、どこで筆をおけばいいのかがわからなくなってしまうのです。

テーマがしっかりしていれば、いい意味での制限や条件、縛りがあり、それに沿って書くことができます。縛りといっても、大きな枠組みのようなものなので、選択肢が少なくなりすぎるということはありません。

ミッションは、続けるモチベーションを生み出してくれるものです。テーマが「What」ならば、ミッションは「Why」と言えるでしょう。ミッションがしっかりしているサイトほど、運営のモチベーションが高まります。

これは会社経営や自己実現においても同じことが言えそうです。これから就活を考える大学生、まだ仕事がどういうものか検討もつかない高校生は、まずは知っている企業の創業者たちが創業に至った考えなどを調べるといいでしょう。

私はビジネスに限らず伝記や体験記・自伝を読むことで、ミッションがいかに大切かを知ることとなりました。

サイトのテーマやミッションを見つける方法

サイトやブログを運営しようとしたとき、「何か伝えたいモノ」がもんもんと心身を駆け巡る感覚があるはずです。

それをピッタリと表すコトバやフレーズが思いつくまで、焦らずにもんもんと過ごしてみましょう。

上の写真のように、書き出して整理してみるのも1つの方法です。

整理して行き詰まったら、サイトのことを「なんとなく」考え続けて生活してみる。

この「何となく」というのが肝心で、心理学でいう『カラーバス効果(Wikipedia「カラーバス効果」)』が働き、無意識的に必要な情報を吸収します。

寝るときも「何がいいかな」と思い描いてみましょう。睡眠中の記憶のメカニズムもあいまって、取捨選択をして整理してくれます。

そして、いつの日か、無意識的に文字通り〈ひらめき〉ます。それがいつになるのかはわからないのですが、きっかけを生んでくれた経験はいくつかあったように思います。その具体例を紹介します。

テーマ・ミッションを思いつく土台を生んだ5つの具体例

PV数5000突破!ブログサイトをはじめて2ヶ月 初心者 アクセスを集めるために

私がテーマ・ミッションを思いつくきっかけを生んだ具体例は、以下の4つです。

具体例1 自宅浪人時代の経験

・・・浪人時代、独学で勉強し、東大対策を極めました。E判定・偏差値37からの自宅浪人だったため、まずは勉強法を研究し、スケジュール管理方法や自己管理術を磨くことにしたのです。

そのおかげで、ただの受験勉強生活というわけでなく、「目標を達成するために必要なマインドセットやスキル」の土台を身につけることができ、それが入学以降も役に立っています。その恩恵はとても大きく、他の人にも役立てたいと考えました。
偏差値37から東大・宅浪合格した私が予備校より自宅浪人を推す理由 | Mao-24!com

具体例2 大学休学時代の経験

・・・大学入学直後にFLY Programという制度で休学した私は、いろいろな言語や学問(の教養課程)を勉強しながら、接客業のバイトや複数のサークルを経験しました。

ヨーロッパに単身で行き、3ヶ月間バックパッカー旅もしました。

国内・海外問わず、経験から得た学びや刺激の大切さ実感したことから、それを伝えていきたいと考えました。
休学して自由な1年と50万円。東大のFLY Programとは? | Mao-24!com

ヨーロッパ・バックパッカー旅体験記 (1) 徹夜で準備して当日に | Mao-24!com

具体例3 地方の全国大学説明での体験

・・・2015年の夏、地方の全国大学説明会に東大の代表(と言っても、FLY Program一期生の広報です。)として高校生やその保護者と話しました。

東京では当たり前とされている受験に有効な情報が、地方ではまったく広まっていない・・・

情報格差をまざまざと実感し、ブログで全国の受験生に役立つ情報(とくに東大受験の情報)を伝えれば、受験に関する情報格差を減らせるのではないか?という考えが生まれました。

具体例4 周りの知り合いや友達との会話

・・・「毎日楽しそうだね」「いつも行動的」「どうしたらそんな色々なことに興味が持てるのかわからない」などとよく言われ、その人たちは「べつにやりたいことはないし」と言うことがよくありました。

どうしてだろう?と自分でも考えたとき、〈学び〉と〈刺激〉と〈ひらめき〉が好奇心や原動力のもとになっていることに気付いたのです。

それを伝えていけば、もっと人生を楽しんで謳歌している、毎日おもしろくて楽しくてしょうがない人を増やせるのではないか?と考えました。

具体例5 ブログの記事を実際に書いてみる

・・・ブログの記事を実際に書いてみると分かってくることも多くあります。

私も2つほどブログを立ち上げ、自然消滅してしまったことで、ミッションの大切さに気が付くことができたとも言えます。

まずは、手を動かしてなんでもいいから思いつくように書いてみましょう。どんなものでも、あなたから生まれたものです。いくつか記事数を重ねれば、自分が伝えたいテーマやミッションといったものが見えてくるかもしれません。

・・・

そのほか、将来的な展望も含めてこのテーマ・ミッションにしたのですが、そういった長期的なことも含めるために、明快かつ色々な含みをもったフレーズやコトバをテーマやミッションに選ぶとサイト運営やブログの記事の更新もしやすいと思います。

きっかけを生んだこれらの具体例が、自分のなかで完全に消化され、うまく合わさって1つのものに結実したとき、〈ひらめき〉が生まれるのだと体感しています。

〈ひらめき〉が降りてくるまで私たちができることは限られています。考えても仕方がない時期には、上記のように一見関係ないことをやってみるのも〈刺激〉となり、〈ひらめき〉の下地をつくってくれるかもしれません。

今日読んだ『アイデアのつくり方』という本では、私がミッションやテーマをひらめいたときの体験がわかりやすく言語化されていました。

アイデアを生み出したいすべての人にとって、非常に参考になること間違いなしのオススメ本です。

サイトのタイトル名を決める5つの方法

mao-24.com
ミッションやテーマが見つかったら、次はサイトのタイトル名を考えましょう。

このサイトでいえば、〈Mao-24!com〉ですね。

タイトル名は、大切なものです。そのサイトの顔とも言えます。変えることは、よほどのことでない限りはやめておきたいものです。

方法1 テーマやミッションからタイトルを付ける

テーマやミッションからタイトルを付けるのも手です。テーマやミッションを表すタイトルであれば、訪れた人もそれを感じ取りやすいでしょう。

ミッションやテーマを先に決めるのは、その方がタイトルを付けやすいからなんですね。

このサイトでいえば、Mao-24!com の〈24!〉の部分です。

「24時間『!』で溢れた生活」をテーマに掲げることを反映しています。

通常ならば〈Mao-24.com〉ですが、〈.〉(ドット)部分の点を活かして〈!〉に置き換えています。ちょっとこねくりまわし過ぎたかもしれません。(笑)

方法2 サイト運営者の名前やハンドルネームを混ぜる

ブログを書いている自分の名前やハンドルネームもタイトルに含められれば、よりいっそう覚えてもらえるでしょう。また、名前がわかっている人の方が、匿名よりも責任が伴う分、伝えたいことも伝わりやすいのではないでしょうか。

Mao-24!comの〈Mao-24〉は、Mao Nishiからとりました。語呂合わせのようなものですね。
Mao-24 = Mao Nishi と読んでいただけるとありがたいです。

テーマ・ミッションと自分の名前を混ぜた結果、〈Mao-24!com〉と書いて〈マオニシ・ドットコム〉というわけですね。

やはり、こねくり回しすぎて読みにくい印象は否めません。(笑)

ブログをこれからはじめる方は、もっと読みやすく分かりやすいタイトルを選びましょう。(笑)

方法3 できるだけシンプルかつ覚えやすいタイトルを選ぼう

覚えてもらうためには、やはりできるだけおぼえやすいタイトルの方が好ましいです。

シンプルかつ覚えやすい、インパクトの強いタイトルを決めることができれば、人に覚えてもらいやすい上に、自分自身、愛着が湧いてきます。

愛着というものはとても大切です。ブログを更新するモチベーションを生んでくれます。自分の名前をタイトルに含めた方がいい理由もココにあります。

方法4 数字や記号を入れて、印象的なタイトルにしよう

印象的なタイトルにする工夫の1つとして、数字や記号をいれてしまうのもアリです。

このサイトでも、〈24〉と〈!〉を使っています。
PV数5000突破!ブログサイトをはじめて2ヶ月 初心者 アクセスを集めるために
〈.com〉もある意味でわかりやすい記号ですね。

方法5 アドレスにも反映させられるタイトルにしよう

サイトのアドレスにも、タイトルを反映させることができれば、より一層覚えやすくなります。

このサイト「Mao-24!com」のアドレスも、ずばり

http://mao-24.com/

です。そのままなので、わかりやすく覚えやすいものになったかと思います。

残るは記事を書くだけ。覚えておきたい5つのポイント

PV数5000突破!ブログサイトをはじめて2ヶ月 初心者 アクセスを集めるために
ブログのテーマもミッションも、タイトルも決めた、と。

あとはもう、テーマに沿った記事をひたすら書くのみです。

ポイント1 数と質を意識して、未熟でもひたすら書けば向上していくはず

溢れ出てくるものを、文字としてひたすら書き続けましょう。私は現在記事を書き始めて3時間以上が経過し、午前3時になってしまいました。文才が未熟な表れですが、書きたいのだから仕方がありません。(笑)

文章のレベルも、数をこなすことと、今できる最大限の質を意識していくと、自然と向上していくかと思います。

文を書くことに関するおすすめ本は、こちら。


演劇の台本となる文学作品『戯曲』の書き方についての書籍ですが、コトバの専門家です。役に立つTIPs、アドバイスがたくさん書かれています。当サイトのこちらでも詳しく紹介しています。

ポイント2 テーマに沿ったコンテンツ・記事をアップする

テーマに沿ったコンテンツや記事をアップしましょう。サイトを訪れてくれる人は、サイトのタイトルやキャッチフレーズなどを見てサイトをクリックしたり、その他検索エンジンで「欲しい情報」を調べて手に入れるためにサイトを探します。

「ラーメン おいしい 恵比寿」などで調べてでてきたサイトに、「陶芸のコツ」などがでてきたら、不思議に思いますよね。それよりは、

・同じ項目・・・「ラーメン 渋谷」
・同じジャンル・・・「東京のおすすめレストラン」
・同じテーマ・・・「大学生が、東京に住み始めて感動したおすすめを紹介するブログ」

という方が、他のページも多く読んでくれるのではないでしょうか?

関連性をもたせるために、テーマという枠がやっぱり必要なんですね。そして、上で見てわかるように、

「ラーメン日記」という具体的すぎるテーマよりも、「感動したおすすめ紹介」などというテーマで、「大枠」を決めるくらいにした方が、たくさん書いていけるし、読む人も「関連性」を感じるかと思います。

ポイント3 毎日記事を書いてアップするより、じっくり書く

毎日必死に書くのはたいへんな労力です。書くことが「義務」になってしまうと、途中で疲れてやめてしまうことも考えられます。

ブログというと、毎日記事を書かなくてはいけないものだと思われがちですが、そんなことはありません。それよりも、1つ1つの記事をじっくり書きこみましょう。結果として文字数は勝手に増えていきますし、なによりも読者にとって有益なページを増やすことにもつながります。

Mao-24!comでは、これらのページは特にじっくり書き込みました。
偏差値37から東大・宅浪合格した私が予備校より自宅浪人を推す理由 | Mao-24!com

東大・宅浪合格の私が数学で2完半するおすすめ受験参考書をまとめた | Mao-24!com

東大・宅浪合格者の私が英語の偏差値を34上げたおすすめ受験参考書 | Mao-24!com

結果、当ブログの人気記事となっていますし、GoogleやYahooの検索からのアクセス流入も多くなっています。

現在書いているこの記事自体も、書き終わってみると結果的に文字数は8000文字を超えてしまいました。無理にひねり出さなくても、自然に文字数が増えていくようなものを書くと書きやすいのではないでしょうか。

ポイント4 文字数が多すぎたら、複数の記事に分けてまとめるのもあり

文字数が多いと、読者が読むのがたいへんかもしれません。もちろん、お気に入りに登録して何回も見直してくれることもあるでしょう。ありがたいことですが、最初からそれを期待することはできません。

同じテーマで複数の記事ができたら、1つの記事にまとめ直すのもありです。その方が、複数のページ全体を俯瞰して知ることができます。

こちらがMao-24!comにおいてまとめ直した記事ですね。

偏差値37・自宅浪人でも東大合格へ!オススメ受験参考書を科目ごとにまとめた | Mao-24!com

東大・自宅浪人合格者オススメ!世界史で40点以上とる対策と受験参考書をまとめた | Mao-24!com

しかし、これらを読むとわかるように、「まとめのまとめのまとめ」くらいまで階層を複雑にしてしまった印象があります。ここまでやってしまうと、逆に不便かもしれません。少し後悔していますが(笑)、しばらくはこれで様子を見てみたいと思います。

ポイント5 定期的に、過去の記事を見直して加筆補正・訂正していく

私のようなブログ初心者は、やはり文章がヘタクソです。書けばかくほど本の執筆者のすごさが身にしみてわかります。

しかし、2ヶ月もたつと少しは慣れてきます。前に書いた記事を読み返して、「このヘタさは救えない」と笑ってしまうこともあります。少しは成長している証ですね。

笑えない下手さは訂正してしまいましょう。本とは違い、修正や校正を手軽に何回もできるのがブログの良いところの1つです。

初心者は初心者らしく、過去の記事を読みやすいものに修正していきましょう。伝えたいものがあるならば、せっかく読んでくれている方にできるだけ伝わりやすいようにしていきたいですよね。

まとめ

今回の記事では、サイト運営初心者の私が、ブログ式のサイトを始めてから2ヶ月でPV数5000を集めるために意識したことをまとめて紹介しました。

・PV数の増加はブロガーやサイト運営者の励みになる

・サイトのテーマやミッションを見つけることが大切

・サイトのテーマやミッションを見つける方法

・サイトのタイトルの付け方

・記事を書くときに意識したいこと

以上のことが、はじめてブログを書く方、サイトを運営しはじめる方の参考になれば幸いです。

長くなりましたが、

お読みいただきありがとうございました。

Mao Nishi

※Mao Nishiへの質問や、オンライン指導のお問い合わせはこちらまでどうぞ!
受験・TOEIC・英検対策も含め、英語の勉強法のオンライン指導もやっています。

※今回の記事中に紹介したオススメ書籍と記事をこちらにまとめてみました。あわせてどうぞ。

オススメ書籍


記事

・PV数について

PV数でわかるブロガー番付|あなたのブログはどのレベル? | ニュース | ブログ部
ブログの世界的な平均アクセス数をグラフ化してみる – ガベージニュース
5000ページビュー/月以下のブログが全体の63%を占めている。約2/3のブログがこの領域に位置するわけ …

・Mao Nishiがミッションやテーマを思いついた体験について

偏差値37から東大・宅浪合格した私が予備校より自宅浪人を推す理由 | Mao-24!com
休学して自由な1年と50万円。東大のFLY Programとは? | Mao-24!com

ヨーロッパ・バックパッカー旅体験記 (1) 徹夜で準備して当日に | Mao-24!com

Mao Nishi (西川 真央)
指導歴4年の個別指導講師。オンライン真学塾24主催。中学生から社会人まで個別指導のみで50名以上を指導。現在は難関大学の英語指導とコーチングをメインに、毎日=24時間が学びや成長に結びつく指導を心がけている。東大模試でE判定・偏差値37から、自宅浪人で東大合格後、休学してヨーロッパに単身バックパッカー旅へ。復学後はNY本社のIT系グローバル企業CEOオフィスでインターンを経験。帰国後、2年間大学で学び起業。現役東大生。⇒Mao Nishiの合格体験記⇒『0から東大合格を目指す5日間講座』⇒『オンライン真学塾24』⇒お問い合わせ
⇒Twitter:@Mao_24com
メルマガ登録で、【特典PDF講座】プレゼント

Mao-24!comでは、メールマガジンを配信しています。

Mao-24!comメルマガのコンテンツ

  • 新着更新情報の配信
  • 不定期のメルマガ配信
  • メンバー限定情報の配信
  • メルマガ読者限定Q&Aコーナー
  • 特典PDF講座:「0から東大合格レベルを目指す5日間講座」
  • (全221P・7万7000字以上)
  • 新規企画の優先案内

登録は無料。

今なら、メルマガ参加者限定で、

【全221ページ/総計7万7000字以上】の無料特典PDF講座

「0から東大合格レベルを目指す5日間講座」

をプレゼントしていますので、

ぜひご登録を。

⇒メルマガのご登録ページはコチラ

Mao Nishi (西川 真央)
指導歴4年の個別指導講師。オンライン真学塾24主催。中学生から社会人まで個別指導のみで50名以上を指導。現在は難関大学の英語指導とコーチングをメインに、毎日=24時間が学びや成長に結びつく指導を心がけている。東大模試でE判定・偏差値37から、自宅浪人で東大合格後、休学してヨーロッパに単身バックパッカー旅へ。復学後はNY本社のIT系グローバル企業CEOオフィスでインターンを経験。帰国後、2年間大学で学び起業。現役東大生。⇒Mao Nishiの合格体験記⇒『0から東大合格を目指す5日間講座』⇒『オンライン真学塾24』⇒お問い合わせ
⇒Twitter:@Mao_24com

Related Entry

東大生家庭教師

家庭教師や個別指導の大学生教師の経験値を見分ける方法

東大生が数学『因数分解』に学ぶマネジメント・リーダーシップ論

べき論 やるべき 無視 価値観

【べき論】「○○は将来役に立つからやるべき」という無責任な発...

東大受験生 新学期

新学期に好スタートを切れなかった東大受験生のあなたへ。

中古受験参考書 買い取り

受験参考書・予備校テキストの買取サイト「学参プラザ」を利用し...

ブックスタンド 本立て 勉強

ブックスタンドはコレ1択。集中力30%UPする本立てとは