「時間がない」はゼッタイに使いたくない言い訳NO.1である

時間がない 言い訳 足りない

私はもちろん、人は、ともすると怠けがちな性格をしています。

「興味のないこと」「やる気のおきないこと」は、ズルズルとやらないで済ませようとしがちで、言い訳をしてやり過ごそうとしてしまうこともあるでしょう。

私も、興味のないことはいっさいやらない主義(?)なので、最近の3年間ほどは、好きなことだけをやる生活に切り替えることに注力していました。

何かを「やらない」言い訳にもっとも多いのは、次のようなものではないでしょうか?

・時間がない、足りない
・やる時間がなかった
・忙しい
・他にやることがある
・優先順位が低い

私も、これらの言い訳をして、「やらないこと」を正当化してしまうことがありました。しかし、今ではできる限り、何としてでも、使わないようにしています。

「時間がない」は、ゼッタイに使いたくない言い訳です。

なぜか?

自分にも相手にもたいへんなデメリットがあるからなんですね。

「時間がない」はゼッタイに使いたくない言い訳NO.1であるとも言い切れます。

今回は、そんな使いがちな言い訳「時間がない」が、ゼッタイに使いたくない言い訳NO.1である理由について書いてみました。

「自分は本当は興味がない」という事実を多い隠してしまう

「時間がない」は、ともすると客観的事実であるかのような響きをしています。

「自分はやりたいのだが、他に予定やら用事やら、やることやらの『義務』でやることができないのだ、しかし、じっさいには、dhfさhgsklj、、、、」と。

言い訳はとかく句読点が増えるものです。(笑)

しかし、よく考えてみてください。

あなたは、寝てますよね?

食事もしていますよね?

「極端な例から考え、それを小さくしていく方が考えやすい」というのは、私の思考法・自己実現法の1つです。

睡眠や食事の時間を削れば、時間は増えます。2〜3日、寝ないか食べないかしても、なんとかなるでしょう。

ここまで極端な例といわずとも、私たちは本当に時間がないのでしょうか?

そんなことはないはずですね。「やらなきゃいけない」と思っている他のことを「やらない」と、「選ぶ」こともできるわけですよね。

テレビやスマホをいじっている時間は、合計してみると意外と長く、どこかの統計で1日当たり平均2時間だった記憶があります。

バイトが忙しいなら、やめてしまうのも1つの選択です。お金がなくて困るでしょう。それなら、もっと時給のいいバイトはないか?仕事は増やせないか?頭や手を動かして、他の選択肢を探し求めることもできるでしょう。

「時間がない」という言い訳を使ったとき、考えられるものとして、本当は「時間」以外の理由があるのではないでしょうか?

「時間がない」のではなく、本当は「興味がないだけ」

私たちが「時間がない」という言い訳をするとき、本当は、「興味がないだけ」かもしれません。

好きなこと・興味があることは、何としてでもやるからです。逆に、自分は好き・やりたいつもりでも、何かと言い訳をしてはやらないでいるとき、本当の意味では関心が強くないのかもしれません。

「時間がない」という言い訳は、客観的事実であるかのようなイメージをさせてしまうために、「本当は興味がなくてやらないだけ」という「事実」こそを覆い隠してしまうわけです。

言ってしまえば、「興味がない」という自分の気持ちにウソをついてしまうことになります。

これは本当におそろしい怖いことで、積み重なっていくと「自分が本当にやりたいことがわからなくなる」ことにつながっていきます。選択肢が多く溢れてしまった現在の日本で、大学生や社会人のなかにも抱えている人が多い問題ですね。

「時間がない」と言い訳をする前に、一度、自分の心に耳を澄ましてみましょう。「やりたくない」「やらない」モノは、そう言い切ってしまいましょう。

「やらなければいけない」と思っていたことでも、やらないことを「選ぶ」。

道は他にもあり、どうにかできてしまうものです。もっと自分自身に素直になりましょう。

すべては自分のことをよく知ってこそ、です。

下の記事では、自宅浪人と合格後の休学という2年間で、自分と向き合い続け、自分をより深く知るようになれたことを書いています。

偏差値37から東大・宅浪合格した私が予備校より自宅浪人を推す理由 | Mao-24!com

休学して自由な1年と50万円。東大のFLY Programとは? | Mao-24!com

参考までにどうぞ。

お読みいただきありがとうございました。

Mao Nishi

※ Mao Nishiへの感想・質問・相談・依頼などは『お問い合わせ』からどうぞ。東大受験に関係ない質問でもかまいません。必ず返信致します。

→このコラムの続きはこちら。

 

Mao Nishi (西川 真央)
指導歴4年の個別指導講師。オンライン真学塾24主催。中学生から社会人まで個別指導のみで50名以上を指導。現在は難関大学の英語指導とコーチングをメインに、毎日=24時間が学びや成長に結びつく指導を心がけている。東大模試でE判定・偏差値37から、自宅浪人で東大合格後、休学してヨーロッパに単身バックパッカー旅へ。復学後はNY本社のIT系グローバル企業CEOオフィスでインターンを経験。帰国後、2年間大学で学び起業。現役東大生。⇒Mao Nishiの合格体験記⇒『0から東大合格を目指す5日間講座』⇒『オンライン真学塾24』⇒お問い合わせ
⇒Twitter:@Mao_24com
メルマガ登録で、【特典PDF講座】プレゼント

Mao-24!comでは、メールマガジンを配信しています。

Mao-24!comメルマガのコンテンツ

  • 新着更新情報の配信
  • 不定期のメルマガ配信
  • メンバー限定情報の配信
  • メルマガ読者限定Q&Aコーナー
  • 特典PDF講座:「0から東大合格レベルを目指す5日間講座」
  • (全221P・7万7000字以上)
  • 新規企画の優先案内

登録は無料。

今なら、メルマガ参加者限定で、

【全221ページ/総計7万7000字以上】の無料特典PDF講座

「0から東大合格レベルを目指す5日間講座」

をプレゼントしていますので、

ぜひご登録を。

⇒メルマガのご登録ページはコチラ

Mao Nishi (西川 真央)
指導歴4年の個別指導講師。オンライン真学塾24主催。中学生から社会人まで個別指導のみで50名以上を指導。現在は難関大学の英語指導とコーチングをメインに、毎日=24時間が学びや成長に結びつく指導を心がけている。東大模試でE判定・偏差値37から、自宅浪人で東大合格後、休学してヨーロッパに単身バックパッカー旅へ。復学後はNY本社のIT系グローバル企業CEOオフィスでインターンを経験。帰国後、2年間大学で学び起業。現役東大生。⇒Mao Nishiの合格体験記⇒『0から東大合格を目指す5日間講座』⇒『オンライン真学塾24』⇒お問い合わせ
⇒Twitter:@Mao_24com

Related Entry

mao-24.com mao nishi

教育で大切なことは、違いを認めることだ

TOEICのスコアを1年間で835から975に上げた3つの方法

TOEICのスコアを1年間で835から975に上げた3つの方...

インターネット家庭教師Netty

もう1回自宅浪人するならインターネット家庭教師Nettyを使...

靴のまま履けるスリッパ オーバーシューズスリッパ

わすれモノしがちな人必見!靴のまま履けるスリッパ「オーバーシ...

目的 勉強 理由

勉強の目的は、東大受験合格自体や成績を上げることなのか?

中古受験参考書 買い取り

受験参考書・予備校テキストの買取サイト「学参プラザ」を利用し...