東大受験生相談13「半年で東大合格!…進学校の人が多くないですか?」

東大受験生相談

東大受験生相談13「半年で東大合格!…進学校の人が多くないですか?」

どうも、Mao Nishiです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

今回は、Mao-24!comメルマガ内の「Q&Aコーナー」からいただいた相談内容の共有です。

相談内容は、以下の2点。

  1. 効果的な勉強計画の立て方
  2. 「半年で東大・早慶・難関大学合格!」と「進学校」との関連性

では、どうぞ!

1. 東大受験生Jさん「半年で東大合格するブログってありますよね」

・東大受験生Jさんの相談内容

初めまして、恥ずかしながら偏差値50くらいの私立高校で予備校に通いながらも東大を目指そうとしてる高2男子です。

私は中学の頃はサッカー部に入っていて、それを理由にして全く勉強しないまま高校受験生のときは偏差値48程度しかなく、地元の偏差値52くらいの公立に落ち、今では往復2時間半ほどかけて私立高校まで通っています。

東大を目指そうと思った理由は、過去にさんざん友達に馬鹿にされたり、建築学科で学びたい、本気で目指すなら上の方へ行きたいと思ったからです。

いくつか質問があるのですが、英語の計画の立て方を教えていただきたいのですが。例えばいつまでに何を終わらすなど

僕は理系志望(一類)なので、もしできたら数学など、理系科目についても教えていただきたいのです。

最後によく東大や早慶に半年で合格みたいなブログとかを見かけますが、ブログの投稿者さんは毎回進学校、超進学校立ったりするのですが、そういったとこも関係するのですか?

ちなみに理系科目は物理と化学です

2. 現役東大生の回答「進学校に限らず、『場』が大切」

・Mao NishiのAnswer

J様、ご相談いただきありがとうございます。

以下、2点について、回答いたします。

  1. 勉強計画の立て方
  2. 「半年で合格!」と、進学校との関連性
1) 英語の計画の立て方(理系科目も)

英語に限らず、計画の立て方についてですが、

これは、

・現在地=「現在の自分の学力」
・目標=「目標とする大学の合格点」
・ルートマップ=「到達方法の選び方」
の中で、マップを描くのを意味します。

※参考記事
・東大受験生相談10「東大以外は考えられない。でも、距離が遠すぎて・・・ 」

ルートマップは、現在地→目標の間にあります。

なので、

まず、
・現在の学力
と、
・目標とする東大合格の到達地点
の2つを探ってみてはいかがでしょうか?

具体的には、メルマガ特典
「0から東大合格レベルを目指す5日間講座」の

・1日目:「合格に至る全体像と、正しい合格戦略について」

が、きっと参考になるはずです。

また、理系科目については、
残念ながら私にはお伝えできることがございません。

私は文系なので、
理系の方の東大合格体験記が、
正確かつ参考になるのではないでしょうか。

計画の立て方については、以上です。

2)「半年で東大合格!」と進学校などの関連性

私も、自宅浪人の最初の半年で大幅に成績をアップさせたタイプの人間です。

偏差値は、受ける模試などによって異なるため参考にするのが難しいですが、

短期間で成績を上げた&合格した人を分析すると、
確かに、進学校が多いように感じます。

自分自身、進学校に在籍していたことを踏まえ、
その関連性について触れたいと思います。

メリットは、端的にいえば「場」です。

・東大をはじめとする難関大合格者が先輩に多い
・良くも悪くも「みんな東大や早慶に入っているから」という理由で頑張りやすい
・仲間が多く、受験勉強に打ち込みやすい雰囲気
・毎年受かる生徒とそうじゃない生徒の違いを見てきた教師がいる

などの特徴があると思います。

また、受験指導をしていて感じるのは、
進学校とそうでない学校の、最も大きな違いは、

「進学校の生徒は、基礎学力がある」
「受験対策をせずとも、高校入学時点+日々の勉強で基礎を身につけている」

ということです。

受験勉強を始める前に、
センター試験で6〜7割取れる基礎を、すでに身につけた人が多い
とも言えるでしょう。

あとは、応用・記述・大学ごとの対策に特化して半年間取り組むような形です。

ただ、この基礎学力は、どこの高校にいようと、
「結局、遅かれ早かれ身につけなければならないもの」です。

センター試験は、基礎です。

とくに東大受験では、センター8〜9割までは、
東大対策もなにもない、とさえ言えるかもしれません。

なので、東大志望の受験生がまず確認したいのは、

「今現在、センターの過去問では何割くらい取れるのか?」
「東大模試ではどれくらい取れるのでしょうか?」

これら2点で、
「現在地」を知り、

東大の過去問や合格体験記、東大模試を分析することで、
「目標地点」を知る。

ということになります。

計画の立て方は、その後におのずと見えてきます。

回答は、以上です。

3. まとめ

計画の立て方は、どれだけ得意になっても足りないと言えます。

私も、受験では成功しましたが、

大学進学以降は受験と違い、模範解答や正解がなくなるため、
たくさん失敗してきました。

計画の立て方を学び続け、はや5年という具合で、
学ぶものが多いテーマだと思います。

ぜひ、みなさまも、勉強内容や計画の立て方に限らず、
受験期を通じて、いろいろなものを身につけていくことに挑戦してみてください。

自分自身が日々成長し変化していくのを体感できるのは、
純粋に面白いですよ。

・・・というわけで、今回は以上です。

Mao Nishiへの受験相談を希望される方は、無料メルマガのQ&Aコーナーからどうぞ!
⇒メルマガについて見てみる

お読みいただきありがとうございました。

Mao Nishi

Mao Nishi (西川 真央)
指導歴4年の個別指導講師。オンライン真学塾24主催。中学生から社会人まで個別指導のみで50名以上を指導。現在は難関大学の英語指導とコーチングをメインに、毎日=24時間が学びや成長に結びつく指導を心がけている。東大模試でE判定・偏差値37から、自宅浪人で東大合格後、休学してヨーロッパに単身バックパッカー旅へ。復学後はNY本社のIT系グローバル企業CEOオフィスでインターンを経験。帰国後、2年間大学で学び起業。現役東大生。⇒Mao Nishiの合格体験記⇒『0から東大合格を目指す5日間講座』⇒『オンライン真学塾24』⇒お問い合わせ
⇒Twitter:@Mao_24com
メルマガ登録で、【特典PDF講座】プレゼント

Mao-24!comでは、メールマガジンを配信しています。

Mao-24!comメルマガのコンテンツ

  • 新着更新情報の配信
  • 不定期のメルマガ配信
  • メンバー限定情報の配信
  • メルマガ読者限定Q&Aコーナー
  • 特典PDF講座:「0から東大合格レベルを目指す5日間講座」
  • (全221P・7万7000字以上)
  • 新規企画の優先案内

登録は無料。

今なら、メルマガ参加者限定で、

【全221ページ/総計7万7000字以上】の無料特典PDF講座

「0から東大合格レベルを目指す5日間講座」

をプレゼントしていますので、

ぜひご登録を。

⇒メルマガのご登録ページはコチラ

Mao Nishi (西川 真央)
指導歴4年の個別指導講師。オンライン真学塾24主催。中学生から社会人まで個別指導のみで50名以上を指導。現在は難関大学の英語指導とコーチングをメインに、毎日=24時間が学びや成長に結びつく指導を心がけている。東大模試でE判定・偏差値37から、自宅浪人で東大合格後、休学してヨーロッパに単身バックパッカー旅へ。復学後はNY本社のIT系グローバル企業CEOオフィスでインターンを経験。帰国後、2年間大学で学び起業。現役東大生。⇒Mao Nishiの合格体験記⇒『0から東大合格を目指す5日間講座』⇒『オンライン真学塾24』⇒お問い合わせ
⇒Twitter:@Mao_24com

Related Entry

東大受験生相談

東大受験生相談15「理系から官僚へ。合格後の進振りか、文転し...

東大受験生相談

東大受験生相談14「大学入試の記述対策の勉強法が知りたい!」

東大受験生相談

東大受験生相談9「予備校の講習、何個受けようか迷ってます・・...

東大受験生相談

東大受験生相談11「東大自由英作文の勉強法が知りたい!」

東大受験生相談

東大受験生相談6「受験情報の入手方法・模試は多く受けるべきか...

東大受験生相談

受験生相談4「浪人に当たり、現役時代の自分のやり方を変えるべ...