真学塾24のご案内

受験期24時間の学び密度を深める『真学塾24』、開校中です。

どうも、Mao Nishiです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

4年の指導歴の中で中学生〜社会人など様々な指導生徒を受け持ってきて、

痛感していることがあります。

「本質的な学び方や考え方、向き合い方や心持ちを共有することが大切だ」

ということです。

サイトやメルマガを通じて、多くの受験生からさまざまな相談や感想をいただきました。

  • 「もっと勉強に集中できるようになりたい」
  • 「どうやったら、自分のモチベーションを高くできるのでしょうか」
  • 「受験勉強の目的意識を持ち、野心的に勉強できるようになる術を知りたい」
  • 「志望大学以外は考えられない。合格まで最短を走りたい」
  • 「自分を変えるために受験を通じて学び、成長したい」

といった「個人個人の特質や気質、学力に応じて正解が異なる悩みや目標」などです。

そのための学びを得るには、サイトやメルマガなどの文字情報だけではなく、

個別に対応した指導や、他の意欲的な受験生との高め合う学校や塾、予備校のような『場』といったものが欠かせません。

「一人でもできる方法」をメルマガ講座内でお伝えしていますが、

一人でやるより、同じような意識の仲間で励まし合ったり、個別に指導をしたりする方が効果的なのは、間違いありません。

受験期を通じて、自分の人生と徹底的に向き合い、

その成長の中で、学びの密度を圧倒的に高めていく。

そんな高い志を持った方が、互いに良い影響を与え合い、ちゃんと学ぶ。

単なる「進学」だけでなく、24時間「真学」するような塾。

そんな塾『真学塾24』を、

  • 「オンライン×オフライン」
  • 「一方通行ではない、双方向性スタイル」
  • 「完全個別対応」
  • 「Mao Nishiの個別相談/指導付き」
  • 「個別対応にしては破格の月額2,980円から」

で開催しております。

★対象

  • 難関大学受験を目指し、入塾を自分で決意した
  • 受験後や大学入学以降も見越した学びを得たい
  • 「高校1年生~3年生・浪人生・社会人」かつ「大学入試本番まで数ヶ月以上ある」
  • 自宅浪人や地方在住で、切磋琢磨できる友人が周りにいなくて困っている
  • 合格後も大学や活動分野を超えて切磋琢磨しあう仲間がほしい
  • Mao Nishiに共感した、思考法やマインドをあますところなく吸収したい

以上のような方にとっては、間違いなく意味のあるものになるはずです。

★目次

■真学塾24の理念 &3つの特徴■

★真学塾24とは?

受験期に自分と徹底的に向き合い、大学合格=進学だけでなく、受験以後にも役立つ核やベースとなる学びを得る。

そういった意識で集うメンバー同士でお互い刺激しあって高め合う。

そんな双方向性・完全個別対応・随時更新アップデートなどを特色とする、

21世紀型のオンライン塾です。

・2016年秋、第1期生募集スタート

・合格実績:一橋大学社会学部

★当塾の理念・方針

当塾では、

大学受験』=『難関大学合格という高い目標を目指しながら、そのプロセスで自分の内面と向き合い、深めていくことで、学びを通じて有意義な自己成長を果たす絶好の機会・人生における大切な学びを得るチャンスとなる時期

と再定義することで、

難関大学受験生が『受験』=『志望大学合格のための勉強期間』という枠におさまらず、
受験期を通じて自らと徹底的に向き合い続けて内省を深めることをサポートします。

具体的には、

  • 現役時:E判定・偏差値37から自宅浪人でA判定・偏差値71にUPして東大に合格した方法論や、
  • 難関合格にも通ずる合格戦略、効果的な学習計画の立て方はもちろん、
  • スケジューリング・タイムマネジメント・セルフコーチングなどの自己管理スキル
  • 繊細かつ多感な受験期に必須の不安の対処方法や自信の持ち方、
  • メンタルタフネスや精神面での成長
  • 日々の勉強のモチベーションを格段にアップさせる、受験や勉強に対する目的意識の先鋭化など、

受験勉強に止まらない学びを得て、他の塾生と切磋琢磨し成長できる場を提供し、
進学以後、受験期に培った学びを活かして、様々なフィールドで活躍できる人材を輩出します。

塾長の私と志や意欲の高い塾生同士が、互いに高め合う仲間として感化し、影響を与え合って成長するために、一方通行な授業を展開するのではなく、

1人1人に適した個別対応のメール・Skype・LINE・メンバー限定特設サイト・不定期のリアル勉強会や、塾生同士の情報共有などを通じて、「参加型」・「双方向性」を特徴とする塾の運営を行います。

そんなオンライン真学塾24には、
他の受験塾にはない、3つの特徴があります。

【特徴1】
勉強は、教えません。
大学進学後も活きる、学びに対するマインドや考え方、
自分との向き合い方を伝えます。

どんな受験生も、本来、予備校や学校に頼らずとも「自ら学ぶ力」がちゃんと備わっています。

一般的な予備校や学校の授業では教えることに徹するあまり、画一的かつ一方通行な授業が展開され、1人1人の生徒が、勉強の目的意識やモチベーションなどにおいて受け身になりやすく、「自ら内省し主体的に学ぶ力を伸ばす機会」を奪ってしまっていることが少なくありません。

そのため、当塾では、あえて勉強を教えることはせず、生徒自身の力を信頼し、主体的に学ぶ力を引き出すサポートに徹します。

その方法として有効な1つが、次の特徴2のような運営スタイルです。

【特徴2】
私と塾生、参加者全員で作っていく、
「参加型・双方向性」の次世代型オンライン塾です。

講師→塾生のような一方通行の講義を行うのではなく、

■双方向性の例1:「講師」⇔「塾生」

・・・講座配信・個別相談・指導、メールetcによる相談・共有など

■双方向性の例2:「塾生」⇔「塾生」

・・・メール共有・塾生限定共有コーナーでのマインドマップ、勉強法などの共有など

というように、

大学受験塾においては珍しい「参加型・双方向性」を特徴とした運営スタイルをとっています。

この特徴の面から、一般的な塾と当塾を比較してみると、

■講義型・個別指導の塾(予備校や塾など)などの場合

・・・受け身な人にはよいが、主体的な人が潜在的な力を活かしきれない可能性や、受け身な人が主体的に学ぶ力を得る機会を得られない可能性もある。

■参加型・双方向性の塾(真学塾24)の場合

・・・主体的な人は学ぶものが大きいが、受け身な人が学ぼうとすると、主体的に学ぶ意識を身につけざるを得ない。参加している他の塾生の意欲に感化され、自らも主体的に学ぶ意識が芽生えやすい。

このような特徴から、当塾の生徒は受け身になりにくく、主体的に学ぶ姿勢が自然と身につきやすいと言えます。

【特徴3】
先に入った塾生の共有やコンテンツを追体験。
後からの塾生との共有を通じて、
随時、最新の内容にアップデートされていきます。

特徴3は、「オンラインならでは」と言える特徴です。

大学受験生にとって一番参考にすべき人は、

教師でもなければ周りの友達でもなく、「先に大学受験を経験した先輩たち」です。

5日間講座の1日目:『正しい合格戦略』で「合格体験記を研究せよ」とお伝えしたのも、

先に体験した受験生を分析することで、

  • より効率的に学ぶことでショートカットができる
  • 「自分が壁にぶち当たったときにどのように乗り越えればいいか」がわかる

というメリットがあるからです。

巷の合格体験記のような使った参考書や勉強法、勉強計画の概略だけでなく、

「タイムマネジメントやスケジューリング方法、セルフコーチング、意識の高め方、モチベーション管理、メンタル面のケア方法などといった受験期の毎日、24時間の過ごし方・考え方・感じ方などといった詳細についても共有できたら、どれだけ次の受験生のためになるだろうか」と、私は考えました。

塾生から随時、「学びの共有」をいただいていますが、

先に入った塾生たちが受験期にどのような悩みを抱え、乗り越え、成長していったのかといった共有内容や、それを踏まえて生まれたコンテンツが、メンバーサイト上にアップされ、ストックされています。後から入った塾生は、先輩の学びを追体験することで、より一層大きな学びを得ることができます。

また、後から入った塾生がさらなる学びを共有していくことで、どんどんコンテンツがアップデートされ、自分だけでなく、後から入った塾生たちにも学びを共有し、影響を与えることができます。

■主なコンテンツ内容■

★メインは3本柱!

メインは、オンライン配信の3コンテンツです。

  1. 塾生限定・双方向性メルマガ『真学塾24通信』(月3〜4回)
  2. 視点共有講座(PDF・音声・資料)
  3. 「月1Skype合宿」動画配信(計5回)

1. 塾生限定・参加型の双方向性メルマガ
真学塾24通信

1つ目のメインコンテンツは、

塾生限定に配信するメルマガ『真学塾24通信』です。

週1回〜月3回程度のペースの配信となる見込みです。

毎週、お送りしたメールに返信をしていただき、メルマガ内で取り上げ、塾生全員でお互いの視点を共有し合うことで、
感化し合ったり、高め合ったり、学び合ったり、、
といったことを行う場です。

メルマガ特典「0から東大合格レベルを目指す5日間講座」内でも、感想や質問、相談などの共有により、受講生の方同士が影響し合うことを意図しておりました。

「5日間講座」の発展版として、双方向性をより強く意識したメルマガ通信となります。

返信内容は、なんでもかまいません。

下で紹介する『視点共有講座』についての質問などでも、メルマガ自体に対する質問でも、
その日・その週に疑問に思ったことでも、科目の勉強内容についてでも・・・

忙しい週は、2〜3行でもかまいません。

ただし、ちゃんと学ぶ、真学するために、なるべく参加していただきます。

チャットほどカジュアルではありませんが、双方向性を強く意識して発信していきます。

また、後から入塾された方のフィードバックも、それを踏まえたメルマガ内容も、随時、『真学塾24通信』のバックナンバーは、最新のものに更新していきます。

つまり、

自分が返信したときのメルマガだけでなく、後から入ってきた塾生がそれを読んだ上で返信した内容が踏まえられたメルマガも、半永久的に更新されていくということです。

同時期に入った方同士の視点の循環だけでなく、先に入った方と後から入った方同士の循環も起きる仕組みとなっています。

2. 受験期24時間の学び密度を劇的に高める
視点共有講座
(音声・画像・PDF)

2つ目のメインコンテンツは、

普段の指導の濃密度版として、「音声」・「PDF」・「資料」などを用いて、

私Mao Nishiの視点を共有する『視点共有講座』です。

『メルマガ通信』は、「双方向性」かつ「文字」でお伝えするものですが、

『視点共有講座』は、塾生からの共有内容を踏まえて、より臨場感のある「音声」を中心に、
私の音声講座」や「塾生との指導音声」を用いて、いろいろな役に立つ視点を織り交ぜてお伝えするものになっています。

以下は、『真学塾24通信』『視点共有講座』でお伝えする予定の視点の例です。

  • 塾長Mao Nishiの勉強法・思考法
  • ブレないメンタルの整え方
  • セルフコーチングの高め方
  • 受験期のコンディションを整え、絶好調で勉強に臨むための自己管理方法
  • 受験後にも活きるMao Nishi流4ステップ式・時間管理方法
  • 日々継続して勉強できるようになる方法
  • 日々自分を高めていくための自己調整
  • 勉強や学びの目的の見出し方
  • 「淡々とやる」ための方法論
  • 自己成長を他者への貢献に繋げるための視点
  • 目標/計画の正しい設定方法
  • 6ヶ月間で東大模試で偏差値71・A判定・全国20位になるまでの方法論
  • セルフイメージの整え方
  • 合格者マインドセットの整え方
  • 効果的なイメトレ方法
  • 24時間を学びに変える視点
  • 少ない勉強時間で全教科の学力を高める方法論
  • 1を知って10を学ぶ思考法
  • 分野問わず何でもできるようになる思考法
  • 1日~3時間⇒1日10時間も継続的に勉強できるようになる方法
  • 雑念なしに100%集中してどんどん勉強が進められる「フロー状態」への入り方
  • 高校までの私のような怠け癖・気分屋・言い訳系男子からの脱出方法
  • 科目別0から東大上位レベルに至るまでの合格ルートマップ
  • 東大文系科目の科目別対策方法論
  • 留学なしでも、独学でTOEIC975・英検1級を取得した英語勉強方法
  • 塾生ごとに適した勉強法
  • 塾生ごとに適した難関大学合格方法論

学びの密度を変え、受験期の学びを大学入学以降にも役立てるために必要な視点すべてです。

メルマガは、月に3〜4回、ほぼ週1ペースで配信いたします。

密度は、「0から東大合格レベルを目指すための5日間のメルマガ講座」の数倍以上となります。

3. 真学塾一期生のグループコーチングを追体験できる
Skype合宿』動画配信(全5回)

3つ目のメインコンテンツは、『Skype合宿』です。

2016年度版の真学塾24は、「完全少人数制」とし、
オンラインで対面形式に、複数人数・同時にMao Nishiと塾生とでコーチングを行なっていました。

複数人数のメリットは、自分は気付かなかったけど他の人も悩んでいた悩みや相談が取り上げられたり、自分が相談した内容が他の塾生の役に立ったりして高め合えることです。

双方向性メルマガ『真学塾24通信』のオンラインでの対面版、
かつ、リアルタイム感のあるものになりました。

2017年度版の真学塾24では、その「Skype合宿」を追体験することができます。

先に入った塾生たちと私との対話を通じて、

  • 自分の受験生活において改善点はないか
  • 自分1人では気づけなかった課題や悩みはないか
  • もっと学び密度を高めるには、どうすればいいか

といったことのヒントがきっと得られるはずです。

全5回の配信となります。

動画内で言及されている講座やメルマガの内容と合わせて見ることで、より一層講座の理解が深まるはずです。

※塾の参加人数や希望によっては、「Skype合宿」の開催も考えております。

★オフライン企画(不定期)

いくらインターネット技術が高まっても、オフラインのリアルな場もあった方が、より効果的な学習に繋がることは間違いありません。

そこで、不定期ですが、真学塾24のメンバー同士で集まる機会を作りたいと思います。

パッと思いつく限りですが、

  • 部屋を借りて丸1日勉強合宿してみる
  • 入試本番の時間割で模擬試験をやってみる
  • カフェに集まって近況報告、相談会をする
  • 苦手科目克服自習会

など、他にも、塾生の方からのご要望に合わせて、企画していきたいと思います。

オンライン真学塾24の卒業生や、私の友人の現役の東大生(文系・理系・文1〜理3まで)を呼んで対策勉強会をする、なども可能です。

※内容によっては、別途参加費が発生することもございます。

★その他の内容

  • 特設サイトご案内&個別パスワード配布
  • メール相談(無制限)
  • LINE相談(無制限)
  • メール・LINE相談の対応時間:7日以内

サポートとして、メール相談とLINE相談が無制限でできますが、

塾生からの相談については、7日以内に対応いたします。ぜひぜひご利用ください。

■特典内容■

限定参加特典1
Mao Nishiの指導音声・補足資料
(総計60時間以上)

私と生徒計2名との指導音声+補足資料を、
60時間以上にわたってお送りします。

オンライン真学塾24の内容だけでも十分真学することは可能ですが、
補足として、

リアルで指導していた感じを体感することによって、
より学びが進むことを意図した特典です。

限定参加特典2
Mao Nishiの自宅浪人時代の詳細な記録やノウハウ

  • 自宅浪人時の手帳データ
  • 自宅浪人時代の成績変遷データ(東大模試やセンター試験、東大入試本番の点数など)
  • 自己管理情報などの共有コーナー(大学入学後もアップデート)
  • Mao Nishi本人による手帳解説
  • Mao Nishiの数学ノートの写真データ共有など

他にも付属できるものがないか、考え中です。

 

★参加費用&お支払い方法
クレジットカード対応

★参加費:

  • 入会金、事務手数料、退会手数料など:0円
  • 月会費:2,980円

※別途、塾内の企画などにおいて参加費をいただく場合もございます。
※参加と同時にサイト上にて該当コンテンツが閲覧できる都合上、1ヶ月のどのタイミングで入塾しても当該月分の会費が発生します。
※お気に召さなければ、いつでも自由に退会できます。

★お支払い方法:

毎月の会費は、クレジットカードにてお支払いいただけます。

・対応カード:VISA, Master Card, AMEX

※三井住友カードと提携中の外部の決済サービス「Stripe」を利用しており、当方へはクレジットカード情報は伝わりません。ご安心ください。
※「Stripe」についてはこちら(公式ホームページへと飛びます。)

 

■まとめ■

★まとめ 詳細
講座内容
  1. メルマガ「真学塾24通信」(月3〜4回
  2. 視点共有講座
  3. skype動画配信(全5回分
  4. 不定期オフライン企画参加権
  5. 特設サイト「真学塾24」ご案内
  6. メール相談(無制限・7日以内に対応
  7. LINE相談(無制限・7日以内に対応

※その他、以下の特典が付属します。

  • Mao Nishiの指導音声&補足資料(総計60時間以上)
  • 自宅浪人時の手帳データ
  • 自宅浪人時代の成績変遷データ(東大模試やセンター試験、東大入試本番の点数など)
  • 自己管理情報などの共有コーナー
  • Mao Nishi本人による手帳解説
  • Mao Nishiの数学ノートの写真データ共有
対象
  • 難関大学受験を目指し、入塾を自分で決意した
  • 受験後や大学以降も見越した学びを得たい
  • 「高校1年生~3年生・浪人生・社会人」かつ「大学入試本番まで数ヶ月以上ある」
  • 自宅浪人や地方在住など、切磋琢磨できる友人が周りにいなくて困っている
  • 合格後も大学や活動分野を超えて切磋琢磨しあう仲間がほしい
  • Mao Nishiに共感した、思考法やマインドをあますところなく吸収したい
参加費用
  • 入会金、事務手数料、退会手数料など:0円
  • 月会費:2,980円

※別途、塾内の企画などにおいて参加費をいただく場合もございます。
※参加と同時にサイト上にて該当コンテンツが閲覧できる都合上、1ヶ月のどのタイミングで入塾しても当該月分の会費が発生します。
※お気に召さなければ、いつでも自由に退会できます。

お支払い方法
  • クレジットカードのみ
  • 対応クレジットカード:VISA, Master Card, AMEX

※三井住友カードと提携中の外部決済サービス「Stripe」を利用します。
※お客様のクレジットカード情報は当方へは伝わりませんので、ご安心ください。

★ご参加お申し込みはこちら!(今週末オープン予定)

参加してみて気に入らなければ、いつでも自由に退会ができます。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

⇒お申し込み先はこちら!

■FAQコーナー■

Q1. 「メルマガ講座の内容が実践できなかったのですが、それでも大丈夫ですか?」

A. メルマガ講座の内容は、「一人でできること」に絞った0からの合格方法論です。その分、一人だと辛い部分がどうしてもあり、負荷が大きくなっております。

一方、真学塾24では、双方向性のメルマガ通信など塾生全員参加で互いに高め合い、また、Skype電話・メール・LINEを通じた相談のサポートも含まれていて、

「メルマガ講座の数倍以上の密度」とは言っても、より実践しやすいものとなっております。

Q2. 「『視点共有講座』の内容は、成績が良くなくてもできますか?」

A. 講座の内容は、成績を問いません。

実際、塾生の中には、現役時代の私よりも成績が芳しくなかったのにマスターしている方もいます。

できるかどうかよりも、やるかやらないかの面が強いです。

全5回講座の分析術3などを含め、慣れないと辛い部分も出てくるかもしれませんが、上の質問でもお答えした通り、塾生同士が感化しあったり、Skype電話・メール・LINEによる随時サポートがあったりで、実践しやすい環境を整えておりますので、ご安心ください。

Q3. 「タイムマネジメント、セルフトーク、セルフコーチングなど、耳慣れない言葉があるんですが・・・」

A. 専門用語が多く載っていますが、『視点共有講座』やメルマガ通信内で適宜解説しますので大丈夫です。

ご要望があれば、用語集なども別途で配布する予定です。

Q4. 「社会人の大学受験生なのですが、他に予備校などに入っていなくても大丈夫でしょうか?」

A. 当塾は、勉強の内容について教える塾というよりも、勉強に対する向き合い方、考え方、受験期に効果的に学ぶ術を共有し、全員で高め合う塾です。

なので、勉強内容の疑問点については、参考書や予備校の講習が必要になる場合もありますが、

『視点共有講座』などを通じて「自主的に学ぶ力」を高めれば「独学能力が高まる」=「自分でできる」ことで、自力で解決できるようになるはずです。

また、メール・LINEでの相談にて、最適な参考書の選定のお手伝いや、理解度のチェックを行っていきますので、ご安心いただければ幸いです。

※社会人の方のほうが経験が豊富なため、講座の定着が早いというメリットもあります。

Q5. 「以前は20万円と高額だった真学塾24の参加費が、なぜここまで安くなったんですか?内容に差はあるんですか?」

一期生と今回の真学塾24では、運営方法や人数制限などが異なるからです。

  • 一期生は完全少人数制(3名まで)だったため
  • Stripeによる月額課金の決済システムを導入できたことにより、一括で参加費いただく必要がなくなったため

など、様々な要因によりこの料金での募集が可能になりました。

内容の低下を意味するものでは決してございませんので、ご安心ください。

★最後に:
だれかの「模範解答」ではなく、
自分自身の人生の正解」を。

自信は、自分の心に正直になることで生まれます。

自分の実力に自信を持つなど、なかなか難しい話で、
どれだけ実力がある人だろうと、合格・不合格どちらも可能性があります。

しかし、実力がどんなであろうと、本当に東大に行きたい人は、
その「東大に行きたいと思っている自分の気持ち」には、
『自信』を持っているはずです。

メリットがどうとか、デメリットがどうとか、
成功や失敗がどうとか、
みんな他の受験生はこうしてるだとか、

余分なものをすべて捨てて、

「自分の心に正直に問うことが大切」だと私は思います。

『虚心坦懐』な心意気です。

自分の人生の正解を決める軸は、
「心」が動くかどうかだと、
私は思っています。

個人的には、
「心が動かないのならば、受験などやめてしまった方がいい」
とさえ思います。

逆に、

心が動いたのならば、飛び込めば間違いありません。

小さい頃、純粋な好奇心や面白さで、遊びに熱中していたとき、
メリットやデメリットなど考えずに飛び込んで、
結果として、上達していたはずです。

その過程で困難があろうとも、
自分の「心」さえ動いていれば、
それにつられて頭はフル回転し、
最大限のパフォーマンスをおさめられるものです。

大学の志望理由を問われ、

「そこに山があるから」というように、
「なんとなく」「直感」など曖昧にしか言えなくとも、

「志望大学を目指したい!」
「合格したい!」
「たとえ来年不合格になろうと、定年退職後になろうと、絶対に東京大学に行きたい!」

と、現役時代の私のように、

どうしても志望大学に行きたいと感じてしまう自分がいるのならば、

現時点での成績や実力を棚に上げてでも、
それがどんな大学だろうと、
目指すべきだと思います。

とても大事なことなので、2回言います。

人生は、一度切りだからです。

これだけは、誰にとっても平等な事実。

人生は、どんな人生だろうと、一度切りだからです。

だったら、志望大学を目指さない後悔より、高い目標に向かって24時間、精一杯がんばった上での後悔の方が、清々しいではありませんか。

・・・長々と熱を込めて書いたせいか、話もだいぶ逸れました。(笑)

最後になります。

志望大学に是が非でも合格したい」という意欲や、
受験期を通じて成長したい」という意欲が高い方にこそ、
オンライン真学塾24に参加していただきたいと思います。

あなたの受験期24時間が充実した学びで溢れ、
志望大学合格にむけて100%整えられるよう、
私が誠心誠意、全力でサポートします。

自分の大事な受験において、「真学塾24」というオプションに心が惹かれるという方、
心よりお待ちしております。

 

⇒お申し込み先はこちら!

ご不明な点など、何かご質問がございましたら、こちらまでどうぞ。

⇒お問い合わせはこちらからどうぞ!

お読みいただきありがとうございました。

Mao Nishi

更新日:

Copyright© Mao-24!com , 2017 All Rights Reserved.