目標達成率70%UP!東大生の効率的な勉強計画の立て方

勉強計画 立て方

今日勉強する参考書を、なんとなく選んでいませんか?

明日、明後日、その次の日、と勉強の計画を立てていますか?

そのまま受験生活を過ごしていると、ポテンシャル以下の実力しか養われないかも知れません。

効率的かつ最短で成績を上げるためには、勉強計画を立てることが欠かせないのです。

私は、東大受験の勉強をし始めて以来、現在でも、勉強計画を立てることで目標を達成しています。実感比では、目標達成率が70%アップしているように思います。達成・未達成の違いは0か100なので、100%に近い数字であると言えるでしょう。

一定期間受け持った指導生徒には欠かさず計画の立て方を指導していますが、勉強計画を立てて勉強することにより、学年1位の成績をコンスタントにとるようになった指導生徒もいます

今回は、東大生が受験以降、3年以上研究・実践してきた勉強計画の立て方をまとめます。

【総字数:4463】
【最終更新日:2016-02-10】

1. 勉強計画の3大原則・コツ

勉強計画の立て方として、3大原則ともいえるコツをのべます。

計画を立てる原則・コツは、3つあります。

  1. 目標設定
  2. 取捨選択
  3. 集中

以下、順に見ていきます。

1-1. 計画のコツ1=目標設定

勉強計画を立てるには、まず目標設定です。

計画は、目標達成のために立てるものです。

目標が定まっていなければ、効果的な計画は絶対に立てられません。

大学受験における目標設定とは?

合格したい志望大学を目標とするわけですが、

「東京大学に行きたい。東京大学が目標です!」

これだけでは、合格できるものも合格できません。

目標設定1. 合格に必要な点数・割合を定める

合格には何点・何割必要なのでしょうか?合格に必要な点数を調べましょう。

東大文系は全部で440点中265点ほど取れば合格できます。これは、大学や学科によって異なるため、それぞれに対して計算する必要があります。

目標設定2. 各科目で何点ずつ取るのか

さて、全体で取る点数を決めたら、それを各科目に配分しましょう

各科目の勉強で目指す点数が決められなければ、必要な勉強のレベルも分からず、科目ごとの勉強計画も立てられません。

目標設定3. その点数をとるために必要な戦略を立てる

その科目の目標点が決まれば、ここではじめて勉強計画に取りかかる前提ができたことになります。

しかし、すこし待ってください。まだ、「どの参考書を使おうかな」と考える段階ではありません。

その目標点数を取るために必要な能力を分析し、必要な能力を得るための戦略を立てることが欠かせません。

戦略に必要なのは、過去問の徹底的な分析

過去問の分析を、徹底的に行いましょう。

大学受験は、成熟しきっています。過去問の分析、必要な参考書の選定、勉強法の学習、勉強の実施、模試によるフィードバックで合格レベルまで伸ばせます。場合によっては個別のサポートが必要かもしれませんが、予備校や学校の集団授業は必要ありません。「まず、塾に通わなきゃ」ではないのです。

東大英語において、合格点を余裕でとる戦略が欲しい方は、こちらが参考になると思います。

参考:【英語】偏差値34UP!宅浪でも東大に上位合格した対策方法論のすべて

東大英語において、80点以上97点以下をコンスタントに取れるようになる戦略です。過去問の徹底的な分析により導きだした、どんな東大受験生でも使える戦略です。分析や戦略を自分でやる手間が嫌な人にオススメです。

1-2. 計画のコツ2=取捨選択

目標を立てたら、次は取捨選択です。

勉強計画には、取捨選択が欠かせません。

なぜか?

成績を上げる方法は無限にあるのに、目標と時間は有限だからですね。

具体的にいえば、成績を上げる手段として、まず参考書があげられます。参考書をこなせばこなすほど、成績はあがりますが、時間がかかります。成績が無限にあがればいいかといえば、そうではなく、あくまでも『志望大学の合格レベルまで』という制限があります。

『選択』=必要な勉強を『取り』、不要な勉強を『捨てる』

必要な勉強だけ取ること』そして『不要な勉強をいっさいやらず、捨てる勇気をもつこと』が勉強計画を立てるときに大切です。

勉強すればするほど成績が上がるのは間違いありませんが、不要な勉強までやっていては、時間が無駄になってしまいます。時間は限られていて、目標も定まっている場合、勉強の質が問われます

限られた時間で『効率的』かつ『高い質』で勉強するためには、必要な参考書に『限定』して勉強するのが大前提となるのです。しかも、それは大学合格という目標達成に方向性が絞られた参考書である必要があります。

勉強計画の立て方には、取捨選択がキーワードとなるのです。

1-3. 計画のコツ3=集中

勉強計画のコツの3つ目は、集中です。

目標に向けて取捨選択した勉強に、集中します。

集中には、まとまった時間が必要

集中には、まとまった時間が必要になります。そのため、勉強計画を立てるときには、細切れに時間を区切って計画を立てるより、大枠で1つのことに絞って集中できるような計画を立てることが大切なのです。

2. 具体的な勉強計画の立て方は?

3つのコツを踏まえた上で、以下、具体的な勉強計画の立て方を紹介していきます。

項目は、以下の3つです。

  • 全体
  • 科目別
  • 参考書

2-1. 勉強計画の立て方【全体】:3ヶ月単位

まずは、全体の勉強計画の立て方です。

3ヶ月単位で考えましょう。

東大合格には、英語・数学・国語など、さまざま科目が必要ですが、全体として何点アップさせるのか、受験当日までに必要な点数アップを、3ヶ月単位で振り分けて計画を立てるのがコツです。

科目の点数を上げるのには、3ヶ月ほどの時間が必要

なぜ3ヶ月なのか?

1つの科目の点数をあげるためには、どうしたって3ヶ月ほどの時間が必要だからなのです。

現在、高校2年生の人は、今から東大合格と目指すと思いますが、1年後の東大入試本番までに各科目何点アップさせる必要があるのかを、3ヶ月ごとに割り振ってみるといいでしょう。

定期的に見直し・修正する(約1ヶ月ごと)

勉強をしはじめると、色々なことが見えてきて勉強計画を修正したくなると思います。

たまに「せっかく立てた計画だから、その通りにやらないといけない」と考えてしまう真面目すぎる受験生がいますが、修正していいのです。

むしろ、修正する必要がない方が怖いです。現状に甘えてしまっている場合もあります。

かといって、大きな計画を毎日毎日修正するようではキリがありません。

3ヶ月単位の勉強計画については、1ヶ月ごとに反省して修正するのが望ましいでしょう。

2-2. 勉強計画の立て方【科目別】:1〜2ヶ月単位

科目別の勉強計画の立て方は、1〜2ヶ月単位に絞ります。

1〜2冊の参考書に限定し、それに集中する

コツは、目標達成・取捨選択・集中でした。

各科目、目標達成に適した1〜2冊の参考書に絞って徹底的にそれをやり込むことです。

たとえば、来年受験する東大受験生が、2〜3月の勉強計画を立てるとします。

英語:『ビジュアル英文解釈Part 1』と『速読英単語 標準編』を終える
数学:『青チャート 2B』の残りを終える

このような勉強計画が、望ましいです。

いっぽう、次のような勉強計画を立てたばあい、どうなるでしょうか?

英語:『ビジュアル英文解釈Part 1』『速読英単語 標準編』『キムタツのリスニング』『英作文のトレーニング 入門編』を少しずつやる
数学:『青チャート 2B』『青チャート 1A』『一対一数学 1A』『一対一数学 2B』を少しずつやる

勉強計画の大原則2・3『取捨選択』『集中』を破ってしまっています。

このばあい、それぞれの参考書を終えるのに時間がかかってしまい、「いつまでたっても計画が終わらない」ことで、疲れやいらだちが生まれてしまいかねません。

目標達成のコツは、少ない山・少ない課題に分けて、一つひとつクリアしていくことです。

たくさんの参考書を同時進行で勉強するよりも、1〜2冊の参考書を1〜2ヶ月で終える方が効率的です。

2-3. 勉強計画の立て方【参考書】:1週間単位

1〜2ヶ月で終える参考書を決めたら、次はその参考書の勉強計画を立てます。

終えたいページ数を、週数で割る

参考書の終えたいページ数を、週の数で割りましょう。

200ページの参考書を、2ヶ月(8〜9週間)で終える計画だとすれば、

200÷8〜9=22〜25

1週間当たり22〜25ページやればいいことが分かります。

1日単位より、1週間単位で計画する方がいい理由

なぜ、日数ではなく、週数で計画を立てるのでしょうか?いうなれば、なぜ、1日単位ではなく1週間単位で計画を立てる方がいいのでしょうか?

1日単位の勉強計画を立てると、予想外の事態に対応しにくいからです。

たとえば、上の例で1週間当たり25ページを、1日3〜4ページの計画に変更してみます。

月曜日:3ページやりました。
火曜日:塾があるので勉強時間がなく、0ページでした。
水曜日:・・・前日の分もふくめ、7ページ・・・?3ページしかできませんでした。木曜日:学校行事があり、0ページ。


金曜日あたりには軽いパニックになるのではないでしょうか?

1日単位の計算だと、対応しきれない部分がたくさん出てくるのです。

その結果、勉強計画を立てること自体無意味だと考えてしまうミスが起こってしまいます。

いっぽう、1週間当たり25ページの計算でやれば、見通しが立てやすくなります。

月曜日:3ページやりました。
火曜日:塾があるので勉強時間がなく、0ページでした。
水曜日:3ページやりました。
木曜日:学校行事があり、0ページ。
金曜日:25ページのうち、残り19ページ。土日は時間があるから、7ページずつやるとして、今日は5ページやればいい
土曜日:5ページに意外と時間がかからなかった。8ページやって、明日の負担を減らそう。
日曜日:6ページ終え、目標達成。

注目すべきは、心理的にページ数を増やしやすいことです。

1日3〜4ページの計画では、4ページ終えれば満足し、5ページ以上やるという考え・気力が生みにくくなってしまいます。

しかし、1週間で25ページの計画では、4ページやろうと、10ページやろうと、終えてはいないわけです。1週間全体を見渡して、その日やるべきページ数を自覚することができます。

参考書をやるペースについては、1日単位ではなく1週間単位で計画を立てる方が効率的なのです。

3. 勉強計画を立てるオススメの手帳は『赤本手帳』

計画は、文字や図にして目に見えるような形に残しておくと、チェックしやすくなり、勉強がはかどります。

3-1. 私はこれに勉強計画を書き込んでいました。

勉強計画を立てるには、こちらの『赤本手帳』がオススメです。

受験では自己管理がカギ!
難 関大学入学者から寄せられた合格体験記には、合格最大の秘訣として「何をするべきか判断し、実行すること」を挙げる 声が多くありました。受験では、自分の実力を正確に把握して何が足りないかを考え、柔軟に対応していく自己管理がカギとなります。『赤本手帳』は、自己管 理の大事なポイントを実行できるスケジュール手帳です。

自己管理の3つのポイント
1.記録する
2.現状を把握し、弱点をつぶす
3.1週間~1カ月の期間ですることを決める

難関大合格者のアドバイス316本!
合格のポイントや併願校の決め方のコツ、センター試験の科目別攻略法など、実際に受験をした人の生の声があなたを合格へ導きます。「つらくなったときに、とてもはげまされました」という声も多数届いています。

受験のすべてがわかる!
国公立大学の入試スケジュール・私立大学の入試の流れを記載。どの時期に何の準備をすればいいかが一目でわかります。マークシート試験の対策法、試験当日の心得、受験用語集など、受験のことがわかるコラム・付録もたっぷり。

(Amazon 商品解説より)

2017年度受験用なので、来年受験する受験生が今使い始めるとちょうどいいと思います。

私はこれに勉強計画を書き込んでいました。勉強を記録するのにも使えます。とくにオススメなポイントは難関大合格者のアドバイスで、ツラさもある受験生活の精神的な支えになってくれます。今となっては宝物ですね。

4. 勉強計画の立て方【まとめ】

今回は、受験生必須の勉強計画の立て方についてまとめました。

4-1. 勉強計画の3大原則・コツ

  1. 目標設定
  2. 取捨選択
  3. 集中

4-2. 具体的な勉強計画の立て方

  • 【全体】:3ヶ月単位
  • 【科目別】:1〜2ヶ月単位
  • 【参考書】:1週間単位

4-3. 勉強計画のオススメ手帳『赤本手帳』

お読みいただきありがとうございました。

Mao Nishi

※『0から東大合格レベルを目指す5日間の無料メルマガ講座』を【8月中旬】に配信予定です!⇒詳細・参加登録はこちら

※ Mao Nishiへの感想・質問・相談・依頼などは『お問い合わせ』からどうぞ。東大受験に関係ない質問でもかまいません。必ず返信致します。

あわせてこちらもどうぞ

東大生の勉強内容・時間帯のコツ:朝は数学を解いて、夜は英単語を覚えよう。 | Mao-24!com

Mao Nishi (西川 真央)
指導歴4年の個別指導講師。オンライン真学塾24主催。中学生から社会人まで個別指導のみで50名以上を指導。現在は難関大学の英語指導とコーチングをメインに、毎日=24時間が学びや成長に結びつく指導を心がけている。東大模試でE判定・偏差値37から、自宅浪人で東大合格後、休学してヨーロッパに単身バックパッカー旅へ。復学後はNY本社のIT系グローバル企業CEOオフィスでインターンを経験。帰国後、2年間大学で学び起業。現役東大生。⇒Mao Nishiの合格体験記⇒『0から東大合格を目指す5日間講座』⇒『オンライン真学塾24』⇒お問い合わせ
⇒Twitter:@Mao_24com
メルマガ登録で、【特典PDF講座】プレゼント

Mao-24!comでは、メールマガジンを配信しています。

Mao-24!comメルマガのコンテンツ

  • 新着更新情報の配信
  • 不定期のメルマガ配信
  • メンバー限定情報の配信
  • メルマガ読者限定Q&Aコーナー
  • 特典PDF講座:「0から東大合格レベルを目指す5日間講座」
  • (全221P・7万7000字以上)
  • 新規企画の優先案内

登録は無料。

今なら、メルマガ参加者限定で、

【全221ページ/総計7万7000字以上】の無料特典PDF講座

「0から東大合格レベルを目指す5日間講座」

をプレゼントしていますので、

ぜひご登録を。

⇒メルマガのご登録ページはコチラ

Mao Nishi (西川 真央)
指導歴4年の個別指導講師。オンライン真学塾24主催。中学生から社会人まで個別指導のみで50名以上を指導。現在は難関大学の英語指導とコーチングをメインに、毎日=24時間が学びや成長に結びつく指導を心がけている。東大模試でE判定・偏差値37から、自宅浪人で東大合格後、休学してヨーロッパに単身バックパッカー旅へ。復学後はNY本社のIT系グローバル企業CEOオフィスでインターンを経験。帰国後、2年間大学で学び起業。現役東大生。⇒Mao Nishiの合格体験記⇒『0から東大合格を目指す5日間講座』⇒『オンライン真学塾24』⇒お問い合わせ
⇒Twitter:@Mao_24com

Related Entry

3000円の飲み会より、高級ホテルのカフェで語るべき3つの理由。

大学生でも3000円の飲み会より高級ホテルのカフェで語るべき...

Mao-24!com Twitter

【運営報告】「Twitter、はじめました。」+サイトメンテ...

※【お問い合わせ】に関するご注意!!

大学受験生 高校生 抜かない矯正

歯並び・頭痛が治る!矯正がまだなら大学受験中に済ませよう

受験生恋愛

受験生恋愛。高校生からの彼女にフラれた辛さから立ち直る方法

多読 メリット デメリット

本を年300冊ペースで読む「多読」のメリット・見逃しがちなデ...