【合格率UP】センター試験〜東大入試本番にできる対策の全て

東大受験

【合格率UP】センター試験〜東大入試本番の対策・勉強法

更新日:

受験生の方、センター試験、お疲れ様でした。

筆者の家の近くにある大学も会場に指定され、毎年センター試験が行われます。校門の前で終了の時間を待つ保護者らしき方・終了と同時に溢れかえる受験生の大群・大学から駅の間に立ちならぶ交通整理のおじさんたち。みな、この時期の風物詩です。

東進のセンターの速報を見る限り、文系科目では

  • 国語『やや易化』
  • 数学2・B『易化』
  • 数学1・A『やや難化』
  • 地理B『やや難化』
  • その他が『昨年並み』

東大のセンター足切り予想はまだ出ていないようです。東大文系では、センター足切りがほぼ無いに等しい年が続いていますが、今年はどうなるのでしょうね。

センター試験の自己採点は終えたでしょうか?結果・判定・点数はどうあれ、過ぎてしまったことは、取り戻せません。

前に目を向けましょう。残り約1ヶ月前後の日程でどれだけ合格率をアップさせられるか。

大学受験の天王山は夏と言われますが、正念場はこのセンター試験後〜大学入試本番です。

センター利用で合格校をおさえておきたかった受験生も、センター試験の結果がどうであれ、私立受験の入試には影響がなく、国立2次試験でも東大はセンター試験の配分が低く、関係ありません。

東大入試では、センター試験の足切りさえ突破すれば、もはや気にすることはありません。

2月の入試本番で、実力を最大限発揮すればいいのです。

この記事では、合格率をアップさせるために、センター試験後から東大入試本番までにできること・やっておきたいことをまとめました。

センター試験の復習に時間をかけない

終わってしまったセンター試験の復習には時間をかけないようにしましょう。
とはいえ、センター試験の問題は、基礎です。東大二次試験本番のためにも、できなかったところは復習しましょう。

解答速報を見て自己採点を機械的に済ませる

解答速報を見て、自己採点を機械的に・たんたんと済ませましょう。一喜一憂していたって仕方がありません。

丸付けを終えたら、間違っていた問題を問題用紙でチェックし、赤ペンで印をつけましょう。

課題点を箇条書きに洗い出し、復習する

センターの問題でできなかった箇所のチェックが済んだら、それを箇条書きに洗い出しましょう。ルーズリーフか、柔らかめの紙がオススメです。終わったらクッシャクシャに丸めてゴミ箱に投げ捨て、身も心もすっきりさせるのがコツ。

センター試験の科目別に課題点を箇条書きにしたら、教科書・資料集・問題集で整理しましょう。2次試験対策にすぐさま移るのも大事ですが、自分の今の問題を把握するのも大切。それほどがっつりやらずに、東大の二次試験対策と並行して最大2日で済ませましょう。

東大の入試本番の時間割に合わせた科目を勉強する

東大の入試本番の時間割に合わせた入試科目の勉強をすることも大切です。

  • 文系(文科1〜3類)
文系(1日目) 国語 9:30~12:00 (150分)
数学 14:00~15:40 (100分)
文系(2日目) 地理歴史 9:30~12:00 (150分)
外国語 14:00~16:00 (120分)
  • 理系(理科1〜3類)
理系(1日目) 国語 9:30~11:10 (100分)
数学 14:00~16:30 (150分)
理系(2日目) 理科 9:30~12:00 (150分)
外国語 14:00~16:00 (120分)

 

午前中は国語・社会・理科を勉強する

午前中は国語と、文系は社会・理系は理科を勉強しましょう。本来でしたら、集中力の高い朝の時間帯は数学や英語が適しています。
参考:東大生の勉強内容・時間帯のコツ:朝は数学を解いて、夜は英単語を覚えよう。

数学や語学など、頭の回転を早めてくれるものを早朝にやってから国語・社会・理科に取りかかるのがベスト。

数学の計算問題・英語の音読といった時間をかけたくないようなモノをやりましょう。

国語・社会・理科では、本番の時間配分で長めの休憩を入れることも大切です。入試本番の時間感覚を体にしみ込ませましょう。

文系では、国語・地歴ともに150分です。勉強して2時間半たったら、30分ほどの長めの休憩をはさみ、科目を切り替えましょう。

午後に数学・英語を勉強する

午後には数学と英語を勉強しましょう。

昼ご飯の直後は眠くなりがちです。オススメは前日の復習・計算・音読といった、頭をウォーミングアップできるモノからやること。眠くならずに集中力を高め、スムーズに本格的な東大対策の勉強に移れます。

東大入試本番・2次試験に特化した対策に集中する

センター試験後には、東大入試本番の2次試験に特化した対策に集中しましょう。

センター試験とは難易度・時間・分量が違う

センター試験は基礎です。東大入試とは難易度・時間・分量が違います。

あえて強調することもないと思われるでしょう。しかし、『センターも終わった!東大対策に切り替えるぞ!』とハッキリ意識するのと意識しないのとでは結果も違います。

いつまでもセンター試験気分が抜けないという状態をさけるためにも、東大対策だ!と意気込むことが大切です。

過去問を徹底的にやり込もう

センター試験後から東大二次試験までの期間は、およそ1ヶ月と少し。この期間にできることと言えば、過去問を徹底的に反復して本番対策をやり込むことです。

東大の過去問を徹底的にやりこみましょう。

早めにスタートを切った現役生や1年前に東大受験をした浪人生は、東大の過去問を終えてしまっていると思います。

東大模試の過去問をやり込むといいでしょう。駿台・河合塾の2大東大模試の過去問がオススメです。

・駿台の東大模試過去問

・河合塾の東大模試過去問

暗記系科目は過去問・復習の反復が欠かせない

古文や世界史・地理などの暗記系科目は、過去問と復習の反復が大切です。

  1. 過去問を解く
  2. 解けなかった問題を整理する
  3. 教科書・参考書で復習する
  4. 再び過去問へ

このループを繰り返しましょう。

新しい参考書は、各科目1冊まで!

センター試験後〜東大入試までに新しい参考書に取り組むのは得策とは言えません。この時期に新しく手をつけていいのは1〜2冊までです。

『今まで使っていた参考書を完ぺきにやり込む方がいい』と言われます。しかし、参考書の選び方を間違えてしまっていれば、成績を最短・効果的にはあげられません。時間がないこの時期だからこそ、効果的な参考書を使いたいものです、

現役・浪人問わずなかなか対策を完ぺきにはできないでしょう。以下、東大2次試験の入試科目ごとにオススメ参考書を目的別に紹介しています。

点数を上げたいものだけ、対策用に追加しましょう。もちろん、『科目ごとに最大1冊まで』がベストです。

センター試験後の対策・勉強法【東大数学】

数学は、センター試験・東大入試の違いが大きい科目です。センター試験対策を徹底した人ほど、東大対策をやりこむ必要があります。

東大入試数学に特有の問題をできるようになるまで過去問をやりこむ

東大入試数学に特有の問題をできるようになるまで過去問をやりこみましょう。

特に得意にしておきたい分野は以下のとおり。

  1. 微分・積分
  2. 確率・場合の数
  3. 整数
  4. 図形と方程式

『確率・場合の数』と『整数』は、苦手とする受験生が多いために差を付けやすい問題です。
残り1ヶ月で徹底的にできるようになりたいならば、以下の参考書がオススメ。

  • 確率・場合の数

原則編:場合の数と数Aの確率を中心に、数えることと確率についての根本や重要手法を、習いたての人にも無理なく読めるよう解説。数Aの確率の入試対策はこの原則編だけで十分。なお、数Cの確率もコンパクトにまとめた。
演習編:確率の有益さや面白さを実感できる問題、さらに一歩踏みこんだ入試対策用として演習価値の高い良問を60題精選。
発展編:場合の数と確率の有名問題や、月刊『大学への数学』が長年にわたって開発してきたオリジナルな手法を紹介。

原則編を読み込むだけで、東大合格に近づきます。演習編までやり込めば、確率・場合の数で困ることはないでしょう。発展編は読み物として面白いです。

  • 整数

第1部:中学上位生~高1・2年生が興味をもって無理なく取り組める系統別の問題演習。
第2部:整数、場合の数それぞれの重要手法のイメージ化に重点をおいて詳しく解説。
第3部:大学受験問題の系統だった解説。
第4部:興味深い問題・発展演習。
初歩・基本のレベルから発展的レベルまで幅広く解説。大学受験対策としては、第3部だけでも安心して試験場に臨める効果が期待できる。

第1〜2部を読み込むだけでも東大合格に近づきます。第3部までやりこめば、東大数学の整数で困ることはなくなります。

私が受けた年にも、確率の問題が出ました。高校の友達はみな「難しい」「捨てた」と言いましたが、私にとっては楽勝。「確率・場合の数と整数が来たら勝ち」という自信さえありました。おかげで、結果は2完半で合格したわけです。
参考:東大・宅浪合格の私が数学で2完半するおすすめ受験参考書をまとめた

どちらの参考書も薄いので、残り1ヶ月で十分できます。東大対策としては、どちらも第2部まで解けば合格可能性UP。買う価値は十分にあります。

定理・公式などの基礎をおさらいする

定理・公式などの基礎を復習しましょう。

過去問演習ばかりやっていると、基礎がぬけがちです。東大入試本番で突然出されても、記憶から抜け落ちたものは使えません。

暗記系ではない数学だからこそ、定理・公式・その導き方など最低限の暗記はしっかりとおさえておきましょう。

【わかる!解ける!】東大数学らしい考え方ができなくて困っているならコレを使え!

東大数学らしい考え方ができなくて困っているのならば、この参考書をおすすめします。

現役東大生が教える、東京大学文系入試への数学攻略の実践指導。

東京大学文系入試への数学攻略の鍵は問題の取捨選択にアリ!
難解な問題と簡単な問題とを確実に見分け、点数獲得の変動の大きい数学を”確実な数学”にするために、東大・京大の良問にオリジナルの予想問題まで収録した。本番を想定した100分4題で15回練習できる。シンプルな問題にどのような解法で対処するのか?現役東大生たちがその解法を懇切に伝授!

現役東大生の書いた本で、東大受験生が欲しい視点がやさしく網羅されています。内容自体は『重要な過去問のピックアップ』+『東大形式のオリジナル問題』なので、過去問をやり終えてしまって解くものがない受験生にもおすすめです。

【点数UP】『東大数学で1点でも多く取りたい』ならコレを使え!

東大数学で1点でも多く取りたい受験生には、この参考書がおすすめ。

東大数学の過去問60題の解答・解説を収録。応用性に優れた解法、部分点を稼ぎやすい解法を採用。定石の説明、アプローチの仕方なども詳しく解説。

『1点でも多く』のコンセプト通り、部分点を稼ぐために書いておくべき記述などがしっかりと紹介されています。私はこの参考書をで学んだ記述方針のおかげで、本番は何問か答えを間違えたのですが、しっかりと点数をもらえました。

参考:東大・宅浪合格の私が数学で2完半するおすすめ受験参考書をまとめた

センター試験後の対策・勉強法【東大国語】

センター試験では選択肢問題でしたが、東大入試では記述式。国語も東大対策を徹底したいです。

2日に1回は東大の問題に触れる

英語・数学・地歴にくらべ、文系・理系問わず国語対策は軽視されます。

だからこそ、東大入試国語の対策をしましょう。他の受験生がやらないからこそ、差が付くのです。

とはいえ、何をすればいいのか?

東大入試の過去問です。

東大対策の神髄は、過去問演習にあります。他の科目のでき具合を見て、2日に1回は東大国語の問題に触れるようにしましょう。

古文単語の総復習をする

古文は単語が大切。総復習しましょう。

今まで使っていた古文単語のテキストをやり込みましょう。

何もやっていなかったという東大受験生はいないと思いますが、古文単語のオススメ参考書はこちら。
参考:東大・宅浪文系合格者が、理系にもオススメする古文の受験対策参考書

漢文の文法を整理する

漢文は文法を整理しましょう。センター試験レベル+α程度で大丈夫です。むしろ、国語の読解力自体が大切。

文法ポイントの整理には薄くて役立つこの参考書がオススメ。

●入試直結の勘どころをズバリ伝授!
大学入試の「漢文」について、「句形」「解法テクニック」「語句」の3分野から頻出事項を絞り込み、合計22項目にまとめました。入試に出やすいものだけをとり上げていますので、効率的かつ効果的な学習ができます。

文法整理には、ポイントごとにまとめてあるこちらがオススメ。私は慶應大学に現役で受かった友達にコレを借りて、その簡潔さ・有効性に驚きました。

漢字は外せない得点源。毎日徹底してやる

漢字は外せない得点源です。駿台・河合塾の東大模試では点数配分が異なりますが、2点×5=10点分の説が有力だと言われます。

毎日漢字をやり込みましょう。

差がつきにくい国語では、10点を確保することが大切です。

センター試験後の対策・勉強法【東大英語】

東大入試の英語は、センター試験にくらべて量が膨大に多くなります。点数を上げる対策の方法論はこちらにまとめています。気になる方は買ってください。ただし、合格率UPに役に立つことは間違いありませんが、新しい参考書に手をつけられないこの時期にはオススメはしない対策方法論です。

以下、より一般的なことをまとめます。

毎日英語の音読をする

英語は、言語です。受験科目とはいえど、性質上、音読がもっとも効果的です。

毎日音読をして英語のカンが鈍らないようにしましょう。オススメは朝起きてすぐの時間です。

時間をはかって過去問を解く

他の東大の入試科目も同じですが、時間が足りなくなる受験生が多くいます。

時間をはかって過去問を解きましょう。

東大入試本番で実力を発揮するためにも、時間をはかって過去問をやりこみましょう。

リスニング問題を定期的に解く

リスニング問題を定期的に解くことが大切です。リスニングもカンが鈍らないようにしたいですね。

1ヶ月でリスニングを8割〜満点取れるようになる参考書として、以下がオススメ。

■数少ない東大リスニング対策書がまたまた登場!
他大学のリスニング問題とは一味違う「東大リスニング」ですが、その対策に特化した問題集はほとんどありません。そのため、練習不足になり、本番で力を発揮できないことも考えられます。しかし、本書に掲載されている問題量は、ネイティブ・スピーカーが書き下ろしたオリジナルの英文30本。つまり、東大入試リスニング問題の10年分に当たります。この豊富な問題量を繰り返しこなすことで、練習不足になる心配はもうありません!

■「SUPER」が「SUPER」たるゆえん!?
TOEICやTOEFLにも有効な、キムタツ先生直伝の16のStrategyなど、前作「東大英語リスニング」のよいところを引き継ぎ、さらに、英文のスピードは、回を追うごとに読み上げが速くなる3段階。音質が悪いと言われる本試験を、エアコンのノイズやホールの反響などのノイズで再現するなど、「SUPER」ならではの新要素も盛りだくさんです!

■今回もあります! Kimutatsu's Cafe
モチベーションを刺激してくれるキムタツ先生ご自身やお知り合いの先生からのメッセージ、キムタツ先生の教え子の方々や、ブログで募った全国の新東大生へのインタビューが満載です!

難しさも楽しさも、まさに「SUPER」! この本で、東大入試大問3は満点を狙いましょう!!

リスニング対策はこれ1冊で十分です。

自由英作文を毎日やって、カンを鈍らせない

東大の自由英作文は特徴的です。英作文は意外と対策がおろそかになってしまいがち。

オススメはもちろん過去問ですが、自己採点がしにくいですよね。そんな場合はこちらの参考書がオススメ。

通信教育の豊富な誤答例を生かし、生徒の答案例の添削というスタイルを採用。英作文の基礎力として不可欠な発想のコツを100のルールに集約。例題は計100題。見開き完結で見やすく、短期完成が可能です。高1生から使える英作文入門書の決定版。例題には、すべて2通りの模範解答を用意しました。さらに、すべてに米国人と英国人の適切なコメント付きですから、ネイティブの英語を肌で感じられます。解説は、先生と生徒の対話形式なので、「なぜそうなるのか」納得しながら読み進められます。また索引機能を使えば参考書としても活用できます。

東大の英作文は減点法と言われ、文法的なミスをしないことが求められます。

  • I like an animal.
  • I like animals.
  • I like the animal.
  • I like the animals.

『a と the の区別』『単数・複数の区別』がおぼつかない受験生は、上の参考書を読むだけでも東大合格に近づきます。

センター試験後の対策・勉強法【東大世界史】

東大世界史も記述式です。とにかく書く量が多い。筋トレのように、論述問題をたくさん解いて書くトレーニングをしましょう。

世界史用語を整理する

基本は単語。世界史用語を整理しましょう。歴史用語とその意味・意義をおさえることが大切。

用語の整理にはAmazonベストセラーの用語集がオススメ。

高等学校地理歴史科「世界史B」の教科書7冊(いずれも2014年度使用)に記載されている用語から、学習に必要と思われる用語を収録し、適切な解説を加えたもの。収録語数約5,600語。

東大世界史の基本は教科書。もう1回読み込む

東大世界史の基本は教科書です。センター試験終了のふしめを機に、教科書をもう1回読み直しましょう。
参考:東大世界史対策の基本は教科書。使うべきはこの2冊

第2問ができなくて悩んだら本当にオススメの参考書

60~90文字程度で説明することが求められます。とくに現役生は世界史に伸びしろがあるでしょう。

第2問で伸び悩んでいたら、こちらの参考書が本当にオススメです。

課題(影響・特色・意義・比較)を解答文全体でどう表すかのスキルを説明した本。
この構成法を知らなかったら知識は活きない。東大京大一橋筑波の過去問と基本論述問題集。

この参考書には別冊のテキストがあります。世界史の重要語句が30〜120字程度でまとまっているテキストです。

そう、東大入試世界史の第2問対策にピッタリなんです!

受験直前には毎日この別冊テキストを音読・写経していました。用語を整理すれば第3問対策にもなりますし、第1問は第2問の組み合わせでできます。

残り1ヶ月で合格点を取りにいくのに本当に効果的な、オススメの参考書です。

第3問対策に、一問一答の問題集をやり込む

第3問対策にもっとも効果的なのは、一問一答の反復です。私は東大入試本番まで7周以上やり込みました。

東大入試の当日も、持ち歩いて自分の勉強ぐあいを確認しましょう。

「これだけやり込んだのだから、大丈夫。」

自信をもって入試本番にのぞます。

センター試験後の対策・勉強法【東大地理】

地理も記述がつらいもの。やはり、過去問を解きましょう。

時間にあわせて過去問を何回も解く

時間にあわせて過去問を何回も解きましょう。

社会科目では、地理・世界史・日本史の時間配分に気をつける必要があります。120分の時間のなかで、世界史・地理それぞれにどれだけ時間をかけるか何回も試行錯誤しました。

とくに、地理では3つの大問がそれぞれ同じ時間で解けるわけではありません。問題の難易度・分量は毎年の問題によって変化します。

何年分も東大入試の地理の過去問を解き、『どの問題にどれくらいの時間をかけるか』初見で判断するトレーニングをしましょう。

過去問で、復習する

過去問で復習することも有効です。東大入試の地理では、10年〜20年前に出た問題と同じテーマの問題が出題されることがたびたび有ります。

地形図の問題、とくに『何かのきっかけによる地形図の変化』などは狙われやすいですね。

地形図の変化の読み取り方もふくめ、東大地理の対策に1ヶ月で済むオススメ参考書はこちら。

地理の論述入試で必須のテーマを55回分に分類。例題は有名大学の過去問が目白押し。“何を、どのような視点から書くべきか”を具体的に提示。問題文をみたときに働かせるべき思考回路のプロセスを、板書スタイルで詳述。

分厚いですが、大きなレイアウト・文字なのでサクサク終えられます。これ一冊で実力が上がる、とてもコスパがいい参考書ですね。

東大2次試験本番について

東大二次試験の本番について軽くまとめておきます。

試験会場・駅・交通手段を把握しておく

試験会場の場所や、最寄り駅・交通手段を事前に調べておきましょう。

地方からの受験生は、ホテルを前もっておさえておくことが大切です。
ホテル予約はビジネスホテルの検索に強い『一休.com』がオススメです。無料会員登録で宿・レストランの割引情報が届くのもお得ポイントです。

→東京のビジネスホテルを一休.comで検索

上記『→東京のビジネスホテルを一休.comで検索』をクリックすると、以下のページが出てきます。

【合格率UP】センター試験〜東大入試本番にできる対策の全て

  • 【駒場キャンパス】文系の受験生は『渋谷・恵比寿・白金台・目黒』
  • 【本郷キャンパス】理系の受験生は『上野・浅草・両国・錦糸町・東陽町』

をクリックすると、それぞれのキャンパスの最寄りにあるホテルを検索できます。

文系:駒場キャンパス【渋谷駅〜駒場東大前駅】

【合格率UP】センター試験〜東大入試本番にできる対策の全て
文系は駒場キャンパスです。

受験生を見送りで溢れかえる予備校の職員・保護者に気後れするな!

東大の本郷キャンパスは行かなかったので分かりませんが、駒場キャンパスでは駅を出て階段を降りたところに大量の人がいます。

受験生を見送りで溢れかえる、予備校の職員・保護者の方々です。なかなか騒々しいため、知らずに行くとびっくりしてしまってしまうかもしれません。

とくに地方受験生や自宅浪人生にとってはプレッシャーを感じてしまうこともあるでしょう。

渋谷駅は広い。行き帰りで迷わないようにしよう。

【合格率UP】センター試験〜東大入試本番にできる対策の全て

最寄り駅は『駒場東大前』駅。

ホテル宿泊受験生・都内の受験生ともに『渋谷』駅から『井の頭線』に乗って行く人が多くいます。

『渋谷駅〜駒場東大前駅』区間で気をつけるべきポイントは3つ。

(1)渋谷駅は広い。迷いやすい。

渋谷駅が広いのです。筆者は幼少期からかれこれ15年以上渋谷を利用していますが、完全に慣れたのは大学生になって駒場キャンパスに通ってから。地方出身の受験生は、当日迷いかねません。

ホテルに前日・前々日入りして、ホテルから井の頭線の改札口までの道を予行演習することをオススメします。

→東京のビジネスホテルを一休.comで検索

(2)井の頭線の電車が小さい。とてつもなく混む。

井の頭線の電車は小さく、とてつもなく混みますので、電車に乗る際はコート類をあらかじめ脱いでおくことをおすすめします。冬の満員電車のなかで かく汗ほど嫌なものはありませんよね。外に出たら寒くて、風邪を引いてしまうかもしれません。

なお、ホーム手前の改札口側ほど降り口に近くて混雑するため、空いている車両に乗りたい人は改札に入って奥の方の車両に乗ることをおすすめします。時間をずらすこともありです。

(3)急行は東大に止まらないから注意!各駅停車に乗れ

急行電車は駒場東大前駅には止まりません。私は入学当初、これで何度も失敗しました。受験当日はたまたま各駅に乗ったのですね。ただただ、運が良かったのです。もし急行電車に乗っていたら、緊張感・プレッシャーMAXで試験どころではなかったでしょう。笑

受験生は、運任せにしないようにしましょう。『各駅停車の電車』です。

コンビニは3つあるが、分かりにくい。2つあるセブンイレブンが空いている

駒場東大前駅の近くには、コンビニは3つあります。

【合格率UP】センター試験〜東大入試本番にできる対策の全て

地図のなかで、赤くなっているところがローソンとセブンイレブン。

『ハイライズこまば』付近にも1つ、個人経営のようなコンビニがあります。

弁当を持って行く受験生が多いのか、ローソンとセブンイレブンは、昼休みでも空いていました。

理系:本郷キャンパス【本郷三丁目駅・東大前駅】

【合格率UP】センター試験〜東大入試本番にできる対策の全て
理系は本郷キャンパスです。

【東大前駅】東大の赤門・正門までは遠い(歩いて10分ほど)ので要注意!

東大前駅は、名前のわりに赤門・正門からは遠く離れています。ホテルを取る受験生は、本郷三丁目駅を利用する路線上にあるホテルを利用することをおすすめします。

【食事】赤門・正門の前にコンビニがあるが、小さいため混むの必至

赤門・正門の前にコンビニがありますが、小さな店舗ため、お昼休みは受験生で混むこと間違いありません。

食事はお弁当を持っていくか、本郷三丁目駅を出てすぐのコンビニか、出てすぐの交差点にあるコンビニで買っていくことをおすすめします。

東大前駅付近にはコンビニがないので気をつけてください。

【最後に】なによりも体調管理を大事に!

最後に1つだけ。

東大入試でもっとも大切なことは、体調管理です。

試験を受けられることが大前提です。早寝早起き・寒さ対策をして、体調管理を万全にして受験できるようにしましょう!

お読みいただきありがとうございました。

Mao Nishi

※ Mao Nishiへの感想・質問・相談・依頼などは『お問い合わせ』からどうぞ。東大受験に関係ない質問でもかまいません。必ず返信致します。

あわせてこちらもどうぞ

東大受験の参考書と対策方法・勉強法

・偏差値37・自宅浪人でも東大合格へ!オススメ受験参考書を科目ごとにまとめた
・【英語】偏差値34UP!東大に宅浪合格したおすすめ参考書・対策方法のすべて
・東大・宅浪合格の私が数学で2完半するおすすめ受験参考書をまとめた

東大受験・自宅浪人ノウハウ

・東大合格者が受験生におすすめする、英単語を効率よく覚える暗記方法
・自宅浪人生はバイトをするべきか?東大・宅浪合格者が考えてみた
・東大合格者による、当日までのセンター試験の対策と心構え
・精神的にツラい受験生が力強くなれる里中李生のオススメ本
・偏差値37から東大・宅浪合格した私が予備校より自宅浪人を推す理由
・東大生の勉強内容・時間帯のコツ:朝は数学を解いて、夜は英単語を覚えよう。

↓この記事が役に立ちましたら、周りの人にシェアして役立ててもらえれば幸いです。

Mao Nishi (西川 真央)
指導歴4年の個別指導講師。オンライン真学塾24主催。中学生から社会人まで個別指導のみで50名以上を指導。現在は難関大学の英語指導とコーチングをメインに、毎日=24時間が学びや成長に結びつく指導を心がけている。東大模試でE判定・偏差値37から、自宅浪人で東大合格後、休学してヨーロッパに単身バックパッカー旅へ。復学後はNY本社のIT系グローバル企業CEOオフィスでインターンを経験。帰国後、2年間大学で学び起業。現役東大生。⇒Mao Nishiの合格体験記⇒『0から東大合格を目指す5日間講座』⇒『オンライン真学塾24』⇒お問い合わせ
⇒Twitter:@Mao_24com







-東大受験

Copyright© Mao-24!com , 2017 All Rights Reserved.